新潟記念2019 過去10年のデータ傾向や出走予定馬のラップギア

2019年8月26日

サマー2000シリーズ第55回農林水産省賞典新潟記念2019の過去傾向データを掲載します。
レイエンダ、ユーキャンスマイル、カデナ、サトノキングダムなどが新潟記念2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質、ハンデ等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。


《新潟記念 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・ハンデなどが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

過去10年の3着内馬成績データ表

新潟記念2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。



新潟記念 予想参考 過去のデータ傾向

※過去10年

枠番傾向

新潟記念2019 枠番データ

馬番傾向

新潟記念2019 馬番データ

基本的には、枠順は1枠があまりよくなく中枠がベストなコース。
開催が進めば外枠でもOK。

人気傾向

新潟記念2019 人気データ

連対馬20頭中⇒5頭が2番人気以内からとなっています。
3番人気は連対馬ゼロ。
[text type=marker color=yellow]5番人気から10番人気の範囲が15連対【7-8-3-42】となっており、ハンデ戦らしく波乱含みの傾向です。[/text]

脚質傾向

新潟記念2019 脚質データ

<先行>が8連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒12頭が4角7番手以内からとなっています。

前走脚質傾向

新潟記念2019 前走脚質データ

[text type=marker color=yellow]前走脚質は<差し>が12連対でトップとなっています。[/text]
連対馬20頭中⇒15頭が[text type=marker color=pink]前走上がり3ハロン順位が6位以内[/text]からとなっています。



ハンデ(斤量)傾向

新潟記念2019 ハンデ(斤量)データ

[text type=marker color=orange]55キロが7連対でトップとなっています。[/text]
55キロから56.5キロの範囲から12連対となっています。

血統傾向

[note]※新潟芝2000m外回りコースのレースデータを参照。データ期間は、2014年5月3日から2019年8月18日。過去5年。[/note]

種牡馬

新潟記念2019 血統種牡馬データ

瞬発力コースなので、ディープインパクト産駒の勝ち星が抜けています。

ラップギア

登録馬

馬名ラップギア
アクートステイゴールド消0平2瞬6
アドマイヤアルバハーツクライ消0平3瞬5
カデナディープインパクト消1平0瞬5
カヴァルエイシンフラッシュ消0平0瞬7
クラウンディバイダダイワメジャー消1平2瞬6
クリンチャーディープスカイ消0平2瞬2
ケントオーダンスインザダーク消0平4瞬3
コズミックフォースキングカメハメハ消0平1瞬2
ゴールドサーベラススクリーンヒーロー消0平6瞬0
サトノキングダムディープインパクト消0平3瞬9
サトノワルキューレディープインパクト消0平2瞬1
ショウナンバッハステイゴールド消0平3瞬2
ジナンボーディープインパクト消0平1瞬3
センテリュオディープインパクト消1平5瞬2
ダイワキャグニーキングカメハメハ消0平2瞬4
$ダッシングブレイズkitten’s joy消0平1瞬8
フランツディープインパクト消0平2瞬3
ブラックスピネルタニノギムレット消0平3瞬6
ユーキャンスマイルキングカメハメハ消0平4瞬3
レイエンダキングカメハメハ消1平0瞬4
ロードマイウェイジャスタウェイ消0平1瞬3


ラップギア区分

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →0レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →1レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →9レース

瞬発戦ラップの確率が高い新潟記念です。

過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 瞬発戦
 1着ブラストワンピース 消0平0瞬3 父ハービンジャー
2017年 瞬発戦
 1着タツゴウゲキ    消0平3瞬2 父マーベラスサンデー(SS系)
2016年 瞬発戦
 1着アデイインザライフ 消0平3瞬3 父ディープインパクト(SS系)
2015年 瞬発戦
 1着パッションダンス  消1平2瞬2 父ディープインパクト(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着マーティンボロ   消0平3瞬5 父ディープインパクト(SS系)
2013年 瞬発戦
 1着コスモネモシン   消0平3瞬5 父ゼンノロブロイ(SS系)
2012年 瞬発戦
 1着トランスワープ   消1平2瞬6 父ファルブラヴ
2011年 瞬発戦
 1着ナリタクリスタル  消2平4瞬7 父スペシャルウィーク(SS系)
2010年 平坦戦
 1着ナリタクリスタル  消1平3瞬7 父スペシャルウィーク(SS系)
2009年 瞬発戦
 1着ホッコーパドゥシャ 消0平8瞬6 父マヤノトップガン

新潟芝2000m外回りコースは、基本的には瞬発戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒8頭(同数含む)となっています。
昨年のブラストワンピースは【消0平0瞬3】でしたが、その他の馬は平坦戦ラップでの好走実績もソコソコあります。(ブラストワンピースは平坦戦ラップのレース経験なし)

データまとめ

ダービー馬レイデオロの全弟レイエンダが登録しています。
前走エプソムカップ(G3)1着で、立ち直ってきた感じのレイエンダです。
その前走では、[text type=marker color=blue]先行で上がり3ハロン32.7秒の末脚で勝利[/text]しており、同じ左回りの軽い芝の新潟はプラスの舞台だと思います。
ハンデは、微妙な感じの57.0キロです。

同じく4歳馬のユーキャンスマイルも注目です。
前走天皇賞春(G1)では3番人気で5着という結果でしたが、ココでは勝ち負けの存在となりそうです。
ラップギア適性値は【消0平4瞬3】ということですが、33秒台の末脚もあり、過去の勝ち馬の傾向からはレイエンダの【消1平0瞬4】よりも良いような気もします。
勿論、瞬発力コースなのでレイエンダの【消1平0瞬4】がマイナスということではありませんが……。
ハンデは、レイエンダと同じ57.0キロ。

先に上げた2頭はキングカメハメハ産駒ですが、ディープインパクト産駒のカデナも末脚強烈で瞬発力勝負になれば逆転も可能な1頭です。
ハンデは、やはりレイエンダと同じ57.0キロです。

5戦連続連対中のサトノキングダムもディープインパクト産駒です。
<先行>して良い末脚を使える馬なので、傾向的には良さそうな感じです。
[text type=marker color=orange]ハンデも54.0キロと主力馬と3キロ差ぐらいありチャンスがありそうです。[/text]

トップハンデは、57.5キロでクリンチャーとなっています。
[text type=marker color=blue]データ好調の55キロは、ディープインパクト産駒のフランツ[/text]と前走天皇賞春9着のケントオーとなっています。



過去傾向

Posted by ホーボー