ニューイヤーカップ2019予想と過去傾向データです。
1月9日(水)浦和競馬場では【第62回ニューイヤーカップ】が行われます。
ダート1600mの3歳・S3の南関東の重賞レースです。
過去10年の単勝人気データを調べると、勝ち馬10頭のうち9頭が4番人気以内からとなっていました。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

ニューイヤーカップ2019予想

浦和競馬場 撮影画像

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、南関重賞のS3レース・ニューイヤーカップの予想をします。

出走馬枠順

1枠1番マムティキング   柏木健宏
2枠2番ヒカリオーソ    瀧川寿希
3枠3番アイアス      和田譲治
4枠4番トーセンボルガ   左海誠二
5枠5番カネトシテッキン  増田充宏
6枠6番トーセンガーネット 五十嵐冬
6枠7番レベルフォー    石崎駿
7枠8番マイコート     今野忠成
7枠9番アギト       森泰斗
8枠10番レオズソーダライト 山崎誠士
8枠11番スズブルースカイ  服部茂史

   トラコミュ

過去10年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【2・3・2・3】
2番人気 【0・4・0・6】
3番人気 【3・1・1・5】
4番人気 【4・1・1・4】
5番人気 【0・1・1・8】
6番人以下【1・0・5・50】

連対馬20頭中⇒18頭が4番人気以内からとなっています。
3番人気・4番人気が狙い目な感じです。

【所属】
浦 和【2・3・1・24】
船 橋【5・5・5・17】
大 井【2・2・0・18】
川 崎【1・0・4・17】

印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭のうち、前走重賞組は4頭となっています。

連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒全馬10頭が4角4番手以内の位置取りとなっていました。

ヒカリオーソ対浦和のトーセン2頭の首位争いとなりそう。
以下の4頭に注目しました。

◎トーセンガーネット
◯ヒカリオーソ
▲トーセンボルガ
☆レベルフォー


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場