小倉2歳ステークス2019 過去10年のデータ傾向や出走予定馬のラップギア

第39回小倉2歳ステークス2019の過去傾向データを掲載します。
カイルアコナ、ラウダシオン、トリプルエース、ヒバリなどが小倉2歳S2019出走予定馬となっています。
過去10年の1着から3着のレース結果成績表から枠順、馬番、人気、脚質等のデータ分析や出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値や過去傾向を把握したいと思います。





《小倉2歳ステークス 過去10年成績表》を見ると、枠番・馬番・人気・騎手・脚質・血統などが分かると思います。
気になるデータ項目を掲載しておきます。
予想の参考になれば幸いです。

過去10年の3着内馬成績データ表

小倉2歳S2019 過去10年成績データ表

※画像はクリックすると拡大されます。



小倉2歳ステークス 予想参考 過去のデータ傾向

※過去10年

枠番傾向

小倉2歳S2019 枠番データ

馬番傾向

小倉2歳S2019 馬番データ

馬番1番から6番が7連対、7番~12番が6連対、13番から18番が7連対となっています。
ハッキリとした傾向はナイ感じとなっています。

人気傾向

小倉2歳S2019 人気データ

連対馬20頭中⇒13頭が3人気以内からとなっています。
[text type=marker color=orange]3着内馬30頭中⇒24頭が7番人気以内からとなっています。[/text]

脚質傾向

小倉2歳S2019 脚質データ

<先行>が11連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒[text type=marker color=yellow]13頭が4角4番手以内[/text]の位置取りとなっています。

前走脚質傾向

小倉2歳S2019 前走脚質データ

前走脚質は<逃げ>が11連対でトップとなっています。
連対馬20頭中⇒全馬20頭が[text type=marker color=pink]前走上がり3ハロン順位が4位以内[/text]となっています。



血統傾向

[note]※小倉芝1200mコースのレースデータを参照。データ期間は、2014年2月8日から2019年8月18日。過去5年。[/note]

種牡馬

小倉2歳S2019 血統種牡馬データ

ダイワメジャーがトップとなっています。
率的には、キングヘイローが良いコースです。

ラップギア

登録馬

馬名ラップギア
カイルアコナキンシャサノキセキ消1平0瞬0
カリニートルーラーシップ消1平0瞬0
グランドデュークジャスタウェイ消1平0瞬0
シゲルミズガメザマツリダゴッホ消1平0瞬0
$ジェットマックスgoldencents消0平0瞬1
ゼンノジャスタジャスタウェイ消0平1瞬1
テーオーマルクスロードカナロア消0平1瞬0
$トリプルエースshamardal消0平0瞬1
ヒバリエピファネイア消0平1瞬0
ヒメサマダイワメジャー消1平0瞬0
ホープホワイトヨハネスブルグ消0平1瞬0
マイネルグリットスクリーンヒーロー消0平2瞬0
ミントティーカジノドライヴ消1平0瞬0
ラウダシオンリアルインパクト消0平0瞬1
ローランダートゥザグローリー消2平0瞬0


ラップギア区分

消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
  →9レース
平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
  →1レース
瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
  →0レース

消耗戦ラップの確率が高い小倉2歳ステークスです。

過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2018年 消耗戦
 1着ファンタジスト   消0平1瞬0 父ロードカナロア
2017年 消耗戦
 1着アサクサゲンキ   消0平1瞬1 父Stormy Atlantic
2016年 消耗戦
 1着レーヌミノル    消1平0瞬0 父ダイワメジャー(SS系)
2015年 平坦戦
 1着シュウジ      消0平1瞬1 父キンシャサノキセキ(SS系)
2014年 消耗戦
 1着オーミアリス    消0平0瞬1 父ホワイトマズル
2013年 消耗戦
 1着ホウライアキコ   消0平1瞬0 父ヨハネスブルグ
2012年 消耗戦
 1着マイネルエテルネル 消0平1瞬0 父Tamayuz
2011年 消耗戦
 1着エピセアローム   消0平0瞬2 父ダイワメジャー(SS系)
2010年 消耗戦
 1着ブラウンワイルド  消1平1瞬0 父ワイルドラッシュ
2009年 消耗戦
 1着ジュエルオブナイル 消1平1瞬0 父デュランダル(SS系)

小倉芝1200mコースは、基本的には消耗戦ラップの可能性が高いコースとなっています。

過去10年で消耗戦の数字が多かった勝ち馬⇒3頭(同数含む)となっています。
キャリアの浅い2歳戦ですので、まだ適性は分かりませんが、消耗戦平坦戦ラップでの好走歴があった方が良さそうな感じです。

データまとめ

武豊騎手の同一重賞3連覇がかかるラウダシオンに注目が集まりそうです。
ラウダシオンは、阪神芝1200mの新馬戦を1番人気で勝利しています。
<先行>上がり3ハロン順位は2位となっています。
ラップギア適性値は【消0平0瞬1】なので、前走よりもキビシイ流れになった時どうなのかな~と思うところもあります。
リアルインパクト産駒の初重賞制覇もかかるそうです。

カイルアコナは、小倉芝1200mの消耗戦ラップの新馬戦を1番人気で勝利しています。
<逃げ>上がり3ハロン順位2位ですので、前走脚質データはバッチリです。
鞍上は前走と同じ川田将雅騎手です。
川田騎手も好調ですね。

ゴドルフィンの外国産馬のトリプルエース、エピファネイア産駒のヒバリの走りにも注目です。

あとは、フェニックス賞の1着マイネルグリット、2着ゼンノジャスタなどにも注意が必要そうです。

[text type=marker color=yellow]前走<逃げ>脚質で上3F順位4位以内は、カイルアコナ、テーオーマルクスの2頭となっています。[/text]



過去傾向

Posted by ホーボー