川崎記念2020 予想と過去傾向

2020年1月28日

川崎記念2020予想と過去傾向データです。
令和2年1月29日(水)川崎競馬場では【第69回川崎記念】が行われます。
ダート2100mの4歳上・Jpn1の統一重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。




統一重賞のJpn1レース・川崎記念の予想をします。


川崎記念2020 予想

川崎記念2020 出走馬枠順

1枠1番ケイティブレイブ(牡7、森泰斗、栗東・杉山晴紀)
2枠2番ミツバ(牡8、和田竜二、栗東・加用正)
3枠3番アナザートゥルース(セ6、大野拓弥、美浦・高木登)
4枠4番デルマルーヴル(牡4、O.マーフィー、美浦・戸田博文)
5枠5番キタノイットウセイ(牡10、竹村達也、笠松・栗本陽一)
5枠6番コウエイワンマン(牡9、岡村健司、愛知・今津博之)
6枠7番モズオトコマエ(牡6、吉原寛人、北海道・田中正二)
6枠8番オールブラッシュ(牡8、今野忠成、大井・藤田輝信)
7枠9番ヒカリオーソ(牡4、山崎誠士、川崎・岩本洋)
7枠10番メイプルブラザー(牡6、松山弘平、栗東・山内研二)
8枠11番ミューチャリー(牡4、御神本訓史、船橋・矢野義幸)
8枠12番チュウワウィザード(牡5、川田将雅、栗東・大久保龍志)





川崎記念2020 過去10年の傾向データ

人気別成績データ

1番人気 【7・3・0・0】
2番人気 【1・1・4・4】
3番人気 【1・4・3・2】
4番人気 【0・1・1・8】
5番人気 【1・1・0・8】
6番人以下【0・0・2・62】

[text type=marker color=yellow]過去10年、1番人気が連対率100%となっています。[/text]
過去5年では、3年が3番人気以内の2頭のワンツー決着となっていました。

年齢データ

3 歳【0・0・0・0】
4 歳【1・1・2・8】
5 歳【3・0・2・15】
6 歳【1・7・0・7】
7歳上【5・2・6・54】

過去5年では、毎年6歳馬以上の馬が連対中です。

所属データ

浦 和【0・0・0・3】
船 橋【1・1・2・8】
大 井【0・0・0・11】
川 崎【0・0・1・13】
他地区【0・0・0・21】
JRA【9・9・7・28】

連対馬20頭中⇒18頭が中央所属馬(JRA)となっています。
[text type=marker color=yellow]4年連続で中央所属馬の1着、2着、3着独占となっています。[/text]

川崎記念2020予想の印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭のうち、9頭が前走重賞組となっています。
[text type=marker color=blue]前走東京大賞典(Jpn1)が7連対でトップとなっていて、毎年東京大賞典3着以内から連対馬が出ています。[/text]

連対馬の脚質傾向を調べると、連対馬10頭中⇒8頭が4角3番手以内の位置取りとなっていました。
残りの2頭も5番手以内。
前走脚質では、連対馬10頭中⇒8頭が[text type=marker color=blue]4角5番手以内[/text]の位置取りとなっています。


今年最初のJpn1の川崎記念です。
川崎といえば、今週から美しすぎる騎手として話題でもあるミカエル・ミシェル騎手(24=フランス)が短期免許で南関東に騎乗しています。
目標としては2、3年の間にJRAの通年免許を取得したいという気持ちがあるそうなので、是非実現してほしいな~と思います。
競馬学校にも女性がいると思いますし、藤田菜七子騎手の他にもJRAで女性騎手が増えれば良いですね。

さて、川崎記念は、前日前売り単勝オッズでは、チュウワウィザードが1.3倍の断然の人気となっています。
中央から半数の6頭が出走しており、やはり中央勢が中心かな~と思いますが、地方馬ではヒカリオーソやミューチャリーにチャンスがありそうです。

以下の馬たちに期待したいと思います。


◎ケイティブレイブ
◯チュウワウィザード
▲アナザートゥルース
☆ヒカリオーソ
△デルマルーヴル

川崎記念、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。



交流重賞

Posted by ホーボー