JBCスプリント2017予想と過去傾向データです。
11月3日(祝・金)大井競馬場では【第17回JBCスプリント】が行われます。
ダート1200mの3歳上・Jpn1の統一重賞レースです。
近年の過去5年の勝ち馬は、すべて中央所属馬(JRA)となっていました。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

JBCスプリント2017予想

JBC2017 大井

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、統一重賞のJpn1レース・JBCスプリントを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬枠順

1枠1番ニシケンモノノフ(牡6、横山典弘・栗東・庄野靖志)
1枠2番セトノプロミス(牡7、三村展久・高知・松木啓助)
2枠3番キタサンミカヅキ(牡7、繁田健一・船橋・佐藤賢二)
2枠4番スアデラ(牝4、赤岡修次・船橋・佐藤裕太)
3枠5番ノボバカラ(牡5、御神本訓史・美浦・天間昭一)
3枠6番ドリームバレンチノ(牡10、岩田康誠・栗東・加用正)
4枠7番プリサイスキング(牡5、達城龍次・大井・高橋清顕)
4枠8番スノードラゴン(牡9、大野拓弥・美浦・高木登)
5枠9番シゲルカガ(牡6、山崎誠士・川崎・鈴木義久)
5枠10番コパノリッキー(牡7、森泰斗・栗東・村山明)
6枠11番ブルドッグボス(牡5、内田博幸・浦和・小久保智)
6枠12番コーリンベリー(牝6、松山弘平・美浦・小野次郎)
7枠13番アンサンブルライフ(牡4、真島大輔・浦和・小久保智)
7枠14番ゴーディー(牡9、的場文男・大井・赤嶺本浩)
8枠15番ネロ(牡6、中野省吾・栗東・森秀行)
8枠16番メジャーアスリート(牡8、高橋哲也・浦和・柘榴浩樹)

トラコミュ
JBCクラシック(JpnI)
JBCスプリント(JpnI)
JBCレディスクラシック(JpnI)
JBC2017大井
今週の激走!穴馬

過去10年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【4・3・0・3】
2番人気 【3・1・1・5】
3番人気 【2・3・2・3】
4番人気 【0・0・4・6】
5番人気 【0・1・1・8】
6番人以下【1・2・2・81】

連対馬20頭中⇒16頭が3番人気以内からとなっています。
近年の過去5年では、3年が3番人気以内の2頭でのワンツーとなっています。
残りの2年は、2番人気以内と5・6番人気の組み合わせとなっています。

【年齢】
3 歳【1・1・0・5】
4 歳【1・1・1・12】
5 歳【5・2・3・12】
6 歳【1・5・2・23】
7歳上【2・1・4・54】

【所属】
浦 和【0・1・0・4】
船 橋【0・1・0・11】
大 井【1・0・0・17】
川 崎【0・0・0・7】
他地区【0・0・1・40】
JRA【9・8・9・27】

過去5年の勝ち馬は、すべて中央所属馬(JRA)となっています。

印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭中⇒全馬10頭が前走重賞で6着以内の馬となっていました。
また、連対馬10頭中⇒7頭の前走レースは、東京盃(Jpn2)となっています。
残りの3頭のうち2頭が前走南部杯(Jpn1)、1頭がスプリンターズS(G1)となっています。
位置取り(脚質)データを調べると、8頭が前走4角5番手以内の位置取りとなっています。

ダートG1で10勝のコパノリッキーが参戦。
ただ、1200mはデビュー戦以来ということで他馬にも十分にチャンスがありそうです。
JBCスプリントは、混戦模様で波乱含みな感じです。
印5つでは無理な感じもしますが、以下のような予想印にしました。

◎キタサンミカヅキ
◯コーリンベリー
▲ニシケンモノノフ
☆ドリームバレンチノ
△ブルドッグボス


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場