JBCレディスクラシック2019 予想と過去傾向(浦和8R)

JBCレディスクラシック2019予想と過去傾向データです。
令和元年11月4日(月)浦和競馬場では【第9回JBCレディスクラシック】が浦和8レース(発走=14:00)で行われます。
ダート1400mの3歳上・牝馬・Jpn1の統一重賞レースです。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。




統一重賞のJpn1レース・JBCレディスクラシックの予想をします。


浦和競馬場 撮影画像

JBCレディスクラシック2019 出走馬枠順

1枠1番モンペルデュ(牝3、戸崎圭太・松永幹夫)
2枠2番タイセイラナキラ(牝6、矢野貴之・藤田輝信)
3枠3番ヤマニンアンプリメ(牝5、武豊・長谷川浩大)
4枠4番アップトゥユー(牝5、赤岡修次・角川秀樹)
5枠5番ゴールドクイーン(牝4、古川吉洋・坂口智康)
5枠6番レッツゴードンキ(牝7、岩田康誠・梅田智之)
6枠7番ストロングハート(牝4、森泰斗・内田勝義)
6枠8番ラーゴブルー(牝5、吉原寛人・内田勝義)
7枠9番ミッシングリンク(牝5、笹川翼・小久保智)
7枠10番ミッキーオフィサー(牝6、左海誠二・小久保智)
8枠11番ファッショニスタ(牝5、川田将雅・安田隆行)
8枠12番サラーブ(牝4、御神本訓史・藤田輝信)





JBCレディスクラシック2019 過去8年の傾向データ

人気別成績データ

1番人気 【3・3・1・1】
2番人気 【2・1・0・5】
3番人気 【0・1・2・5】
4番人気 【1・2・0・5】
5番人気 【1・1・1・5】
6番人以下【1・0・4・67】

[text type=marker color=yellow]過去5年では、4年間で3番人気以内から必ず連対が出ています。[/text]
また、連対馬は6番人気以内からとなっています。
3番人気以内の2頭でのワンツーは1年のみとなっており、[text type=marker color=orange]軽いヒモ荒れ傾向[/text]となっています。

年齢データ

3 歳【1・0・1・14】
4 歳【3・5・1・29】
5 歳【4・1・4・19】
6 歳【0・2・2・18】
7歳上【0・0・0・8】

牝馬のレースでのすので、4歳・5歳が中心となっています。

所属データ

浦 和【0・0・1・2】
船 橋【0・1・0・8】
大 井【1・0・1・12】
川 崎【0・0・0・7】
他地区【0・0・1・26】
JRA【7・7・5・33】

連対馬16頭中⇒14頭が中央所属馬(JRA)となっています。
一応、6番人気以内に支持される地方馬には注意が必要そうです。

JBCレディスクラシック2019予想の印はこうなりました。

今年は浦和ダート1400mで行われます。

過去5年の連対馬10頭のうち、8頭が前走重賞組となっています。
残りの2頭は中央のオープン特別からとなっています。
また、9頭が前走4着以内からとなっていますので、前走重賞で4着以内の馬が中心となりそうです。


中央勢が優勢な雰囲気の浦和8レースのJBCレディスクラシックです。
ファッショニスタにしたが有力ですが、本命◎は3枠のヤマニンアンプリメにしました。
前走同コースで3着でしたが、地方コース得意ですし、鞍上武豊騎手で内枠を活かし逆転を期待したいと思います。


◎ヤマニンアンプリメ
◯ファッショニスタ
▲モンペルデュ
☆ゴールドクイーン

JBCレディスクラシック、印をつけた馬の好走を期待したいと思います。



交流重賞

Posted by ホーボー