JBCレディスクラシック2017予想と過去傾向データです。
11月3日(祝・金)大井競馬場では【第7回JBCレディスクラシック】が行われます。
ダート1800mの3歳上・牝馬・Jpn1の統一重賞レースです。
過去6年の連対馬12頭は、すべて5番人気以内からとなっています。
全馬、無事に完走し見応えのある良いレースになればと思います。

スポンサーリンク

JBCレディスクラシック2017予想

JBC2017 大井

競馬SevenDaysのホーボーです。
本日は、統一重賞のJpn1レース・JBCレディスクラシックを過去データなどを考えつつ予想します。

出走馬枠順

1枠1番ワンミリオンス(牝4、福永祐一・栗東・小崎憲)
2枠2番ティルヴィング(牝4、坂井英光・大井・高野毅)
2枠3番プリンシアコメータ(牝4、武豊・美浦・矢野英一)
3枠4番プリンセスバリュー(牝7、吉原寛人・大井・村上頼章)
3枠5番ホワイトフーガ(牝5、蛯名正義・美浦・高木登)
4枠6番ファイトユアソング(牝6、増田充宏・川崎・佐々木仁)
4枠7番アンジュデジール(牝3、横山典弘・栗東・昆貢)
5枠8番ララベル(牝5、真島大輔・大井・荒山勝徳)
5枠9番タッチスプリント(牝3、倉兼育康・高知・別府真司)
6枠10番スパンコール(牝6、山本聡哉・岩手・瀬戸幸一)
6枠11番ラインハート(牝6、笹川翼・大井・月岡健二)
7枠12番ディアマルコ(牝4、佐原秀泰・高知・那俄性哲也)
7枠13番キンショーユキヒメ(牝4、内田博幸・栗東・中村均)
8枠14番タガノヴェローナ(牝3、岩田康誠・栗東・中村均)
8枠15番シルキークィーン(牝6、矢野貴之・大井・鈴木啓之)

トラコミュ
JBCクラシック(JpnI)
JBCスプリント(JpnI)
JBCレディスクラシック(JpnI)
JBC2017大井
今週の激走!穴馬

過去6年の傾向データ

【人気別成績】
1番人気 【3・2・1・0】
2番人気 【2・1・0・3】
3番人気 【0・1・2・3】
4番人気 【1・1・0・4】
5番人気 【0・1・0・5】
6番人以下【0・0・3・48】

連対馬12頭中⇒9頭が3番人気以内からとなっています。
残りの3頭も5番人気以内。

【年齢】
3 歳【1・0・1・11】
4 歳【2・3・0・20】
5 歳【3・1・4・14】
6 歳【0・2・1・14】
7歳上【0・0・0・6】

【所属】
浦 和【0・0・1・2】
船 橋【0・1・0・8】
大 井【0・0・0・8】
川 崎【0・0・0・6】
他地区【0・0・1・22】
JRA【6・5・4・19】

勝ち馬は、すべて中央所属馬(JRA)となっています。
地方馬なら、それなりの人気にならないと厳しい感じがします。

予想印はこうなりました。

過去5年の連対馬10頭中⇒8頭が前走3着以内の馬となっていました。
また、連対馬8頭の前走レースは、レディスプレリュード(Jpn2)となっています。
位置取り(脚質)データを調べると、近5年の勝ち馬5頭は前走4角4番手以内の位置取りの馬となっています。

レディスプレリュードを勝ったクイーンマンボが回避したことで、3連覇を目指すホワイトフーガが頭一つ抜けた存在だと思います。
素直に、本命◎はホワイトフーガにします。

対抗◯は、レディスプレリュード3着のアンジュデジール。

単穴▲は、地方の実績馬のララベル。
展開次第ではチャンスもありそう。

☆妙味ある馬は、馬体重500キロ以上の馬なのでダートも走れそう。
一発を期待したい感じです。

◎ホワイトフーガ
◯アンジュデジール
▲ララベル
☆キンショーユキヒメ


競馬予想ランキング

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場