2014年6月8日に行われる第64回安田記念出走予定馬のジャスタウェイ(牡5・須貝)の鞍上が柴田善臣騎手に決定したそうです。(福永祐一騎手が騎乗停止の為)
須貝調教師は、「オーナーの意向もあり、ジャスタウェイの背中も知っているということで柴田善臣騎手にお願いすることになりました」と語ったそう。

 

スポンサーリンク

 

馬主は、大和屋 暁(やまとや あかつき、本名同じ、1972年7月27日 – )
日本の男性脚本家、作詞家、馬主。活動時には「やまとや ぎょう」の読みを使用することが多い。

馬主としては、ハーツクライなどの競走馬の一口馬主を経て、個人馬主資格取得後、2012年のアーリントンカップ(GIII)・2013年の天皇賞(秋)(GI)・2014年の中山記念(GII)、ドバイデューティーフリー(GI)を制したジャスタウェイ、同年の2歳新馬戦で初勝利デビューを飾ったオツウ、パンデモニウムという、ハーツクライの産駒である3頭の競走馬を保有している。勝負服の柄は緑、黒うろこ、袖黒縦縞を使用している。

馬名は、アニメ・漫画『銀魂』キャラクターにちなんだ名前をつけたりしている。

また、彼の所有競走馬(ジャスタウェイ)が重賞を勝ち、表彰式で授与された杯にジャスタウェイ(銀魂)を入れ、その競走馬で古馬最高の栄誉・G1天皇賞(秋)の勝利馬主に、さらには海外G1・ドバイデューティーフリーの勝利馬主になり、ドバイの競馬場で黄金のジャスタウェイ(銀魂)を掲げるなどしてしまっているとのこと。

福永祐一騎手もG1では頼りない印象なので、善臣先生の方が連軸、3着内という意味では良いような印象も。1着は………。

実際に、柴田善臣騎手は、2013年、2012年の毎日王冠で騎乗し、6番人気や12番人気だったジャスタウェイを2着にもってきている。
今回も2着はイケるんではないか?と囁かれているとかいないとか?

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com