ヌーヴォレコルト、ディアデラマドレ、レッドリヴェールなどが出走予定の第60回ヴィクトリアマイル2015の過去傾向です。
 過去5年の1着から3着のレース結果成績表から、枠順、馬番、人気、脚質等の傾向を調べて分析・把握したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

☆ヴィクトリアマイル 過去のデータ傾向☆

【馬番】
 連対馬10頭中⇒2頭が馬番1~6番、4頭が馬番7~12番、4頭が馬番13~18番からとなっています。
 連対馬10頭中⇒7頭が馬番11番~16番からとなっている。
 基本的には、枠順はほぼフラット。多頭数の8枠のみ少し成績が悪いコース。

【人気】
 連対馬10頭中⇒5頭が3番人気以内。
 残りの5頭は<4、7、8、11、12>番人気から。
 また、3着内馬15頭中⇒12頭が8番人気以内から。

【脚質】
 <先行><差し>が4連対づつで中心。
 連対馬10頭中⇒6頭が4角7番手以内から。

【前走脚質】
 前走<逃げ>脚質以外から連対馬が出ている。
 また、前走上3F順位は5位以下の馬が多くなっているので、あまり気にしなくても良さそうか。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com