2014年5月18日(日)東京競馬場では【第9回ヴィクトリアマイル】(4歳上牝馬・G1・芝1600M)が行われます。
 ヴィクトリアM2014予想を考える上で、過去5年の1着から3着馬の成績表データから、枠順、馬番、人気、脚質等を参考にしレース傾向を分析・把握したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【馬番】
 連対馬10頭中⇒3頭が馬番1~6番、4頭が馬番7~12番、3頭が馬番13~18番からとなっています。
  基本的には、枠順はほぼフラット。多頭数の8枠のみ少し成績が悪いコース。

【人気】
 連対馬10頭中⇒5頭が3番人気以内。
 残りの5頭は、4~12番人気から。
 1番人気馬は連対率80%とマズマズ。3番人気は3着2頭のみ。
 勝ち馬探しは、上位人気馬からが基本。先週のNHKマイルCと同じように、2着以下は人気薄にも注意が必要そう。

【脚質】
 <先行>が6連対でトップ。
 4角4番手以内から6連対なので、中団より前に位置しているぐらいの馬の方が連対のチャンスは大きそう。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com