2008年【第42回スポーツニッポン賞ステイヤーズS】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【中山11R ステイヤーズS】

3歳上・Jpn2・芝3600m

軸○と妙☆
◎は私の期待馬です。

◎ ナイアガラ

◯ トウカイトリック

☆ メイショウカチドキ

 

スポンサーリンク

 

◎ナイアガラ  ペリエ
 ラップギア適性値は【消1平3瞬2】

 過去5年の傾向からだと、前走G1出走馬が人気になり沈むというパターンのステイヤーズSです。
 今年の場合は、菊花賞2着のフローテーションあたりがキケンな人気馬という感じでしょうか?
 しかし、過去傾向からだと、前走負けていても1.0秒以内が目安となりそうなのですが、今年の出走馬は1秒以上負けている馬も多く難解な感じがします。

 そこで、前走条件戦も2年1カ月の休み明け後、3戦2勝(2連勝中)のナイアガラに期待してみよう思います。
 3歳時には、3連勝で『すみれS』を制し、皐月賞やダービーにも出走しクラシック路線を歩んだ馬でした。
 すみれSでは、今年(2008年)の天皇賞(春)優勝馬アドマイヤジュピタ等を抑えているのですから、順調であったならば、重賞の1つや2つは勝っていても不思議ではない馬だと思います。
 長期休養後2連勝中で能力を出せる状態、そして、“重い芝”だけでなく、前走では速い上がりの競馬にも対応し、上がりの競馬になる可能性もあるステイヤーズSにも好印象だと思います。
 過去の好走馬は、上がり3F35.4秒以上でも実績は持っていますが、速い上がりでの好走実績を持っている馬も多かったです。

 ◯は、トウカイトリック。
 ラップギア適性値は【消0平5瞬7】
 毎年、好走馬を出すアルゼンチン共和国杯組からは、やっぱりトウカイトリックかな?と…。
 いつもの◯よりも、かなり自信はありませんが…。

 あと、アルゼンチン共和国杯なら、昨年の優勝馬マキハタサイボーグにも注意したい感じがします。ただ、58キロがチョット気になり△評価。
 って、先週のJCは、スクリーンヒーローを斤量で無印にして勝たれてしまったのに、また斤量が…なんて言っちゃてますが。(苦笑)

 ☆は、メイショウカチドキ。
 ラップギア適性値は【消0平3瞬4】
 この馬もアルゼンチン共和国杯ですね。
 確か、その時は◎でビリでしたが…。
 しかし、“重い芝”実績もありますし、速い上がりにも実績がありますので、前走を考えなければ悪くなく思え、☆馬としてみます。

◎13ナイアガラ
○10トウカイトリック
☆16メイショウカチドキ
△07マキハタサイボーグ
△14フローテーション

 一応、フローテーションも。他もイマイチ感が強いので。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com