京都新聞杯2006予想の【軸◎と妙☆】は、◎軸馬と☆妙味のある馬(注目馬)を各1頭づつ紹介しています。
どちらも馬券対象範囲になれればと思います。メイン予想は各印も載せてます。
なお、当ブログ内の全ての予想は、趣味の競馬予想です。馬券は自己責任でお願い致します。

 

スポンサーリンク

 

【京都11R 京都新聞杯】
芝2200m サラ系3歳オープンG2(混合)(指定)

2006年日本ダービーへ注目の一戦である京都新聞杯。
今週掲載した京都新聞杯予想検討記事はこちらです。

過去の傾向や過去の勝ち馬などを見ると、京都新聞杯で人気を背負い勝利した馬は、日本ダービーや、その後の重賞レース等での活躍も期待できる素質、能力の高い馬が多いように思います。
今年の京都新聞杯は、出走馬10頭と頭数は少ない感じですが、日本ダービーに出走して期待できそうな馬もおり、注目のレースですね。

◎は、トーホウアランに期待します。
過去の傾向では、小回りの中山での皐月賞で持ち味を出せなかった馬達の巻き返しの見られるレースということが分りました。トーホウアランは、皐月賞には出走していませんが、皐月賞の前哨戦である中山内回り1800mで行われるスプリングSに出走し力を出せず10着に惨敗しました。このスプリングSは、後の皐月賞馬となるオペラハウス産駒のメイショウサムソンが勝ったように、馬場状態はタフな馬場状態であり、切れ味で勝負するトーホウアランには厳しい馬場状態でもありました。また、小回り、距離1800mという条件も向かないレースです。今回の京都新聞杯は、京都外回りコースの芝2200mです。距離延長、スローの決め脚勝負という条件での巻き返しを期待します。
前走は、馬体もギリギリだったようですが、ひと息いれ馬体も良くなっていると思います。是非、日本ダービーに出走して欲しいと思う1頭です。

○は、アエローザ。
こちらも本当に楽しみな馬だと思います。
スピード指数を見ると、スローペースの決め脚もありますし、前走は、まずまずのペースで逃げ先行力も見せました。スピード指数を見るまでは、話題とレースぶりは凄いけど、どうかな~?と思っていましたが、やっぱり能力上位の馬だと感じました。

骨折休養明けのマルカシェンクは実績上位ですが、休み明けですので、今回は、少し評価は下げたいと考えます。

☆妙味ある馬は、アペリティフ。
京都の1800mでデビューし、その後は、2000m以上のレースを使われています。
まずまずの先行力もあり、末脚も《上》ランク上位馬の次ぐらいの脚はあります。
データからは先行馬の連対率はよくありませんが、マイペースの逃げか先行で良い末脚が使えれば馬券対象範囲のチャンスもあるかと思い期待してみます。

【軸馬】
◎05 トーホウアラン 藤田伸二
【妙味のある馬】
☆01 アペリティフ  岩田康誠

◎05 トーホウアラン
○06 アエローザ
▲03 マルカシェンク
☆01 アペリティフ
△08 テューダーローズ
△03 マルカシェンク
△02 マイネルポライト
△10 エリモエクスパイア

馬券は、今週もチョット工夫して…。
[馬 連]
◎-☆
◎流し-○、▲、各△
☆流し-○、▲

△が多い感じもしますが、トーホウアラン離れた3番人気ぐらいだと思うので、△には軽く手広く。また、あまりにも低いオッズの買い目はパスする事もあります。

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場