2009年【京都記念】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【京都11R 京都記念】

4歳上・G2・芝2200m外

軸◯と妙☆
◎は私の期待馬です。

 過去5年、勝ち馬は1番人気か2番人気馬という伝統の重賞。
 連対馬10頭中8頭が1~3番人気という事からも平穏傾向が分かると思います。

 今年も、堅いような気もするのだけれども、“重い芝”寄りになっている京都芝で少し波乱も期待したいできるかも知れません。(金曜日正午:重、2連続開催最終節)

 ラップギアは、過去5年すべて平坦戦ラップとなっている京都記念です。
 コース適性値が“消0平5瞬5”ですから、そろそろ瞬発戦でも不思議ではありませんが、どちらにも適性のある馬を狙いたいレースだと思います。

 

スポンサーリンク

 

◎マンハッタンスカイ  芹沢純一

 ラップギア適性値は【消1平4瞬6】
 京都記念『傾向まとめ表』では、該当数1位の馬の1頭でした。

 基本的には、京都芝は“軽い芝”ですが、“重い芝”への要素が揃う状況であり、馬場適性も考慮しました。
 
 人気が予想されるサクラメガワンダーやアドマイヤオーラは、上がり33秒台の好走イメージが強い馬です。
 サクラメガワンダーは、どちらでも大丈夫そうですけど、個人的なイメージは“軽い芝”(速い上がり勝負)向きという印象です。

 と言う事で、傾向まとめ表1位馬の残り1頭であるマンハッタンスカイに注目してみます。
 先行脚質から、単純に上がりの時計だけでは判断できませんが、函館芝実績や福島10日目に行われた福島記念(G3)1着などから、時計のかかる馬場で浮上できる期待感があります。
 重・不良【0.0.0.2】という成績ですが、1つは4着ですし、稍重のG2金鯱賞で2着があり、道悪でも問題なさそうです。
 血統も、父マンハッタンカフェ、母父リボー系ということで、“重い芝”は向きそうなイメージが個人的にはあります。
 
 ラップギア的にも大きな問題はないと思うので、期待したいと思います。

◎01マンハッタンスカイ
◯11サクラメガワンダー
☆05チョウサンデイ
△07カワカミプリンセス
△06アドマイヤオーラ

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com