第66回ダイヤモンドステークス2016の出走予定馬のラップギアと血統のデータ傾向です。
2月20日(土)東京競馬場では、ダイヤモンドS2016(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)が行われますので、出走予定馬(登録馬)のラップギア適性値、血統、過去傾向データを把握します。

 

スポンサーリンク

 

☆ダイヤモンドS⇒注目馬は[競馬ブログランキング]で公開中です!

トラコミュ
フェブラリーS(2016)
フェブラリーS データ分析
小倉大賞典(2016)
ダイヤモンドS(2016)
京都牝馬S(2016)

 

ダイヤモンドステークス2016ラップギア

登録馬のラップギア適性値と種牡馬(血統)

馬名ラップギア
アドマイヤケルソアドマイヤドン消0平2瞬4
エバーグリーンゼンノロブロイ消0平6瞬5
カムフィーダンスインザダーク消0平5瞬4
ゴッドフロアーハーツクライ消3平0瞬2
サイモントルナーレゴールドアリュール消1平5瞬2
スピリッツミノルディープスカイ消1平1瞬2
タンタアレグリアゼンノロブロイ消0平2瞬4
トゥインクルステイゴールド消3平5瞬1
ニューダイナスティディープインパクト消0平4瞬4
ネオブラックダイヤゼンノロブロイ消1平1瞬10
ファタモルガーナディープインパクト消0平4瞬4
フェイムゲームハーツクライ消0平2瞬4
ペルーサゼンノロブロイ消0平2瞬6
ホッコーブレーヴマーベラスサンデー消0平4瞬6
マイネルメダリストステイゴールド消1平7瞬7
マドリードカフェマンハッタンカフェ消1平2瞬2
モンドインテロディープインパクト消1平1瞬2

過去10年のラップギア区分

 ◆消耗戦(ラスト4ハロンで加速ラップなし)
   →0レース
 ◆平坦戦(ラスト4ハロンで0.1秒から0.4秒の加速ラップあり)
   →5レース
 ◆瞬発戦(ラスト4ハロンで0.5秒以上の加速ラップあり)
   →5レース

過去10年の勝ち馬のラップギア適性値と種牡馬

(※出走時点)
2015年 瞬発戦
 1着フェイムゲーム   消0平1瞬3 父ハーツクライ(SS系)
2014年 瞬発戦
 1着フェイムゲーム   消0平1瞬1 父ハーツクライ(SS系)
2013年 平坦戦
 1着アドマイヤラクティ 消0平4瞬5 父ハーツクライ(SS系)
2012年 平坦戦
 1着ケイアイドウソジン 消0平2瞬5 父キングカメハメハ
2011年 瞬発戦
 1着コスモメドウ    消0平4瞬1 父King’s Best
2010年 瞬発戦
 1着フォゲッタブル   消0平2瞬4 父ダンスインザダーク(SS系)
2009年 平坦戦
 1着モンテクリスエス  消0平2瞬6 父シンボリクリスエス
2008年 平坦戦
 1着アドマイヤモナーク 消3平6瞬5 父ドリームウェル
2007年 平坦戦
 1着トウカイトリック  消0平3瞬6 父エルコンドルパサー
2006年 瞬発戦
 1着マッキーマックス  消0平1瞬2 父ダンスインザダーク(SS系)

 単行本『ラップギア』では、東京芝3400mのコース適性値は、消0平2瞬8となっています。

《ラップギア データまとめ》

 過去10年で瞬発戦の数字が多かった勝ち馬⇒8頭。
 勝ち馬全馬10頭には瞬発戦での連対実績あり。
 10頭中⇒8頭が《差し》(マクリ)で勝利していることや前半スローの後半勝負というレースなので瞬発力重視の傾向。
 ただ、上がり3ハロンは34後半なので、一気の速い脚というよりはバテない脚にも注目したい感じです。勝ち馬全馬に平坦戦での実績もあります。

ダイヤモンドSの中穴っぽい注目馬は⇒土人気ブログランキングへ

トラコミュ
フェブラリーS(2016)
フェブラリーS データ分析
小倉大賞典(2016)
ダイヤモンドS(2016)
京都牝馬S(2016)

にほんブログ村 競馬ブログへ

※自分のラップ分析は岡村信将氏のラップ理論(ラップギア)を基本にしております。(ブログに書くことは了解頂いてます。)

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com