川崎競馬場で行われた関東オークス(統一G2、ダート2100m)は、内田博幸騎手騎乗の3番人気チャームアスリープが勝ち、史上初の南関東牝馬三冠を達成しました。
 南関東G1とは、浦和桜花賞(南関東G1)、東京プリンセス賞(南関東G1)、関東オークスのようですね。あまり地方競馬詳しくないので…(汗)

 

スポンサーリンク

 

 今日は、ちょっと残業を早めに切り上げ、さきほどネットで映像をみました。
 1番人気だった田中勝春騎手のグレイスティアラも道中若干かかり気味も中団で我慢し、4コーナー早め先頭の正攻法の強い競馬をしました。しかし早め抜け出しが響いた感じで、チャームアスリープに差しきられてしまいました。距離は大丈夫ですし、2着に負けましたが、かなりイイ線いってる馬だと感じました。まぁ、力負けではない感じと思うので、2着は残念です。乗ってる本人も悔しいようですが…。
 
 しかし、強い馬同士の力勝負の競馬(3着に3馬身差)は、観ていても良いレースだったな~と思えます。まぁ、自分が3連単でなく、◎グレイスティアラ、○チャームアスリープの3連複だからなのかも知れませんけど…。
 そして、総流しにした注目の3着ですが、ん~4番人気モンヴェール(美浦)でした。7番人気のオリビアフォンテン(船橋)とアタマ差という事で、3連複的中もトリガミになってしまいました…。下手クソと言う事で。
 あと、昨日の予想で、距離が厳しいかな~と書いた、ラッシュライフが5着になり、中央でも1800mぐらいまでなら、ダートでも好勝負できるのかな~と思ったりします。

 勝春ねぇ~。やっぱり勝春はカツハルだな~と思う関東オークスでした。(笑)

 ☆チャームアスリープ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)
  父ティンバーカントリー、母ターフアミティエ(その父ザグレブ)

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com