アルデバランステークス2016の予想です。

ネットを見ていると、昨年のスワンSで落馬し休養中の福永祐一騎手が早ければ13日からレースに復帰するとか。無事に復帰できれば良いですね。

アルデバランS、過去5年のレース結果を調べると、オープン特別のハンデ戦らしく1番人気馬の勝利はなく、毎年4番人気以下の馬が必ず連対していました。
今年も波乱含みなように思えます。

 

スポンサーリンク

 

アルデバランステークス2016予想

京都ダート1900mのコース適性値は、消1平5瞬4ぐらいだと思います。
出走馬のラップギア適性値は以下のとおりです。

【ラップギア・血統入り枠順表】

馬名ラップギア
1 1シンゼンレンジャーケイムホーム消1平3瞬4
2 2トミケンユークアイメイショウボーラー消2平5瞬3
B3 3オーブルチェフMalibu Moon消0平1瞬1
4 4スターバリオンゴールドアリュール消1平5瞬3
4 5ダブルスターシニスターミニスター消1平6瞬1
5 6ナリタポセイドンハーツクライ消1平3瞬3
5 7イースターパレードゴールドアリュール消3平6瞬1
6 8ミヤジタイガネオユニヴァース消1平6瞬1
6 9メイショウソラーレメイショウサムソン消2平6瞬2
710フォローハートサンライズペガサス消2平6瞬2
B711サージェントバッジステイゴールド消1平2瞬2
812ショウナンアポロンアドマイヤマックス消0平8瞬1
813トップディーヴォキングカメハメハ消1平3瞬4

 

【アルデバランS 2016 予想印】
予想印02

過去5年のラップギア区分は、平坦戦が3年、消耗戦が2年となっていました。
勝ち馬5頭を調べると平坦戦の数字が一番多い(同数含む)馬が多くなっていました。
また、ハンデは54~56キロが良さそうな感じです。

本命◎は、平坦戦適性馬のハンデ54~56キロのイースターパレードに注目しました。
オープンクラスでも勝負でき、乗り替わりも良い感じで期待します。

▲ミヤジタイガ 前走平坦戦ラップだった京都ダート1900m(1600万下)を勝っており、昇級戦でも注目したい感じです。2走前3着に負けた時の勝ち馬バンズームは、その後オープンで2着しているので、この馬も通用しても不思議はなさそう。まぁ、芝で弥生賞2着の実績もある馬ですから。

☆妙味ある馬は、ショウナンアポロン。コース実績あり、斤量減魅力で注目。

混戦模様で、それなりの人気の馬同士での決着を希望します(笑)

◎イースターパレード
◯フォローハート
▲ミヤジタイガ
☆ショウナンアポロン
△サージェントバッジ

トラコミュ
今週の危険な人気馬
今週の激走!穴馬

にほんブログ村 競馬ブログへ

トラコミュ
東京新聞杯(2016)
東京新聞杯 データ分析
きさらぎ賞(2016)
きさらぎ賞 データ分析

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com