【武蔵野S《血統・ラップギア入り出馬表》】
 2008年【武蔵野ステークス】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
 予想も当たればイイのですが!(>_<)

 

スポンサーリンク

 

【東京11R 武蔵野S】
3歳上・G3・ダート1600M

 過去5年、上位人気馬のいずれかは連対するも、5番人気以下の好走あり、ヒモ荒れ傾向の武蔵野Sです。

 武蔵野Sは、JBCクラシック・スプリントとともにJCダートへの有力ステップレースでもあり、前走重賞組(交流重賞も含めて)の好走が目立つ重賞です。
 2008年武蔵野Sは、2年4カ月ぶりに復帰するG1ダート4勝馬カネヒキリの走りに注目です。
 無事にゴールし、次走に期待が膨らむ走りが見たいですね。

 武蔵野Sは、『武蔵野S【ラップギア傾向】(2008年)』で書いたとおり、平坦戦ラップが多くなっています。
 東京ダート1600mコース全体では、平坦戦瞬発戦が五分五分という感じですが、ダート一線級の馬が揃う武蔵野Sの場合は、前傾ラップが多く、大きな加速は発生せず、末脚の持続力が問われる傾向だと思います。

軸○と妙☆ 予想
◎は私の期待馬です。堅実な軸馬ではありません。

◎ アドマイヤスバル

◯ ユビキタス

☆ トーセンブライト

◎アドマイヤスバル  村田一誠

 ラップギア適性値は【消2平7瞬1】
 淀みない流れで進むことの多い東京ダート1600m・1400mで好成績を残しているアドマイヤスバルに期待します。
 東京ダートは、8戦して馬券対象にならなかったレースはナイという東京ダート巧者です。
 “軽いダート”“ラップ適性”は上位とみます。

 実績は、カネヒキリ、サンライズバッカス、ユビキタスの重賞ウイナーに劣りますが、東京ダート1600mなら実績馬に割って入れる最上位の馬だと考えます。

 過去5年、7枠の3着内率は0%というデータもありますが、このコースで6枠から勝利している実績もあり、アドマイヤスバルにとっては問題ないと思います。

 ◯は、ユビキタス。
 ラップギア適性値は【消1平5瞬1】

 ☆は、トーセンブライト。
 ラップギア適性値は【消1平10瞬2】
 昨年の3着馬。
 “軽いダート”OK、平坦戦OK
 7歳馬も近走充実、衰えナシ。
 “妙味ある馬”で期待。

◎14アドマイヤスバル
○11ユビキタス
☆02トーセンブライト
△13サンライズバッカス
△01カネヒキリ

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com