2008年【秋華賞】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
 (-ω-)/予想も当てればイイのですが!

 

スポンサーリンク

 

 過去5年、1着は全て2番人気となっているレースです。

 例年は、ローズS好走馬が結果を残している秋華賞ですが、今年のローズSは重馬場で行われ、7番人気、9番人気が1、2着となっています。少し例年とは違う感じです。
 しかし、基本的には、春のクラシックに出走していた馬たちが強く、春の力関係が続いている傾向ですね。

 秋華賞は、平坦戦ラップが多くなっています。
 京都芝2000mコース全体では、瞬発戦の可能性がトップのコースです。勝ち馬のラップギア適性値を見ると、瞬発戦実績にも注目は必要です。

 昨年は中盤で13.6秒という緩んだラップが発生し、終盤で大きな加速ラップが発生しましたが、基本的には平坦戦ラップが多く、スローペースが完璧に推測できないのであれば、平坦戦ラップ寄りと考えて、予想を組み立てたい感じがします。

軸○と妙☆ 予想
◎はチョット現実的な期待馬ということで。

◎ エフティマイア

◯ レジネッタ

☆ リトルアマポーラ

◎エフティマイア  吉田隼人

 ラップギア適性値は【消0平2瞬3】
 ローズS組ではなく、札幌のクイーンSで3番人気に支持され5着(0.4秒差)であったエフティマイアに期待します。
 新潟2歳Sを制し、桜花賞2着、オークス2着という素晴らしい実績の彼女ですが、なんとなく地味な印象です。
 でも、Jpn1で連続2着、古馬と戦って5着の実績は、素直に評価しなければならないと思います。
 距離、ペース、不問な感じもあり、好位から中団で競馬をできる脚質も魅力です。

 東京のオークス、阪神外回りコースの桜花賞、そして新潟で好走していることから、”軽い芝”の京都は向くはずであり注目します。

 主戦の蛯名騎手が騎乗停止により、テン乗りの吉田隼人騎手になり割引きなのかも知れませんが、吉田隼人騎手には、このチャンスを活かしてほしいと思います。
 日曜日の東京で12クラ騎乗が決まっていたのに、京都に行くみたいですから。

 ◯は、レジネッタ。
 ラップギア適性値は【消0平3瞬1】
 平坦戦実績重視で。

 ☆は、リトルアマポーラ。
 ラップギア適性値は【消0平0瞬3】
 メルマガの【重賞過去傾向】で傾向を調べながら、気になる項目の該当馬にチェックを付けて表にまとめているのですが、それでは上位の存在であり注目します。(表は過去傾向メルマガで公開しています。)
 ラップギア適性値は、平坦戦=0ですが、平坦戦は桜花賞しか出走がありません。(5着、0.2秒差)
 しかし、東京のクイーンCは、平均ペースで終盤大きな加速をしたレースであり、単純なスローの瞬発力勝負の馬ではなく、淀みない流れで末脚を活かせる能力があると考えます。
 まぁ、オークスで1番人気に支持された馬ですから能力的には互角でしょう。
 オークス以来というのが、傾向では気になる点ではありますが…。

 あと、ローズS2着のムードインディゴは、いるような?いらないような?感じで迷っております。まぁ、少し買っておこうかと…。

◎05エフティマイア
○17レジネッタ
☆07リトルアマポーラ
△11トールポピー
△18オディール
△01ムードインディゴ

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com