2008年【毎日王冠】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
 (-ω-)/予想も当てればイイのですが!

 

スポンサーリンク

 

【東京11R 毎日王冠】

3歳上・G2・芝1800M

 天皇賞(秋)の前哨戦でもある毎日王冠。
 2008年天皇賞(秋)は、2008年ダービー馬ディープスカイが参戦表明(ダービー馬同年出走は史上初)、また、2006年ダービー馬メイショウサムソンも凱旋門賞から帰国し、状態が良ければ参戦予定のようです。
 そして、2007年ダービー馬牝馬ウオッカも出走を予定しています。

 2008年天皇賞(秋)は、3世代のダービー馬が出走するレースになるかも知れないないので楽しみです。
 ウオッカが出走する毎日王冠も注目です。
 

 『毎日王冠【過去傾向】(2008年)』で書いたとおり、1番人気馬は過去5年で1連対(1着1回)のみのレースで、人気馬断然という結果ではありません。
 出走馬には実績馬が多かったり、毎日王冠から秋競馬をスタートする馬が多いということもあるのかも知れませんね。

 東京芝1800mは、瞬発戦ラップとなる可能性が高いコース。
 しかし、過去5年の勝ち馬のラップギア適性値を見ると、平坦戦実績が目立つ馬も多いようです。
 スローの瞬発力勝負(上がり勝負)というのではなく、平均ペースでの末脚勝負。
 よって、大きな加速というよりは、良い脚を持続できる末脚が必要なのかもしれないですね。
 ただ、今年は、スローペースが濃厚な感じもあります…。
 まぁ、簡単にそう思える時ほど、実際は違っていたりもしますので、展開、ペースを読むのは本当に難しいものです。

軸○と妙☆ 予想
◎はチョット現実的な期待馬ということで。

◎ スーパーホーネット

◯ ウオッカ

☆ アドマイヤフジ

◎スーパーホーネット  藤岡佑介

 ラップギア適性値は【消0平5瞬5】
 近走は、マイル戦以下のレースへの出走が多いが、1800mはオープン特別で2勝をしており守備範囲の距離です。
 速い上がりの脚もあり、”軽い芝”の東京も問題ないとみます。
 平坦戦適正実績も良く、休み明けの毎日王冠でこそ、妙味ある馬だと考えます。

 スローの展開が、まったくダメだとは思いませんが、極端な上がりの勝負にならなければと願ったりします。

 ◯はウオッカ。

 ☆は、アドマイヤフジ。
 前走は宝塚記念で、0.5秒差の6着でした。
 G2勝ちのある馬であり、勝っても不思議はないです。
 瞬発戦でも平坦戦寄りのラップならば、チャンスもあるかもと思います。

◎02スーパーホーネット
○03ウオッカ
☆05アドマイヤフジ
△09カンパニー
△13ドリームパスポート

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com