2008年【第13回ユニコーンステークス】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【東京11R ユニコーンS】
3歳・オープン・Jpn3・ダート1600M

 過去5年、連対馬10頭中9頭が5番人気以内(残り1頭は7番人気)であり、大波乱とはなっていない重賞。
 瑞午S1着馬のサクセスブロッケンが、日本ダービーでなくユニコーンSに出走していたならば、頭は堅いレースになったと思われたが、ダービー出走により今年はデータに信頼度のあった瑞午S1着馬が出走しないユニコーンSとなった。
 次に信頼度が高いのがNHKマイルC4着以内の馬。こちらは4着馬ドリームシグナルが出走。初ダートが気になるが、2004年2着のダイワバンディットも初ダートであった。

 今週、東京ダービー(大井)で、過去の傾向は、あくまでも過去の結果でしかないという事を改めて感じた。が、まぁ、しかし、そんな事は十分承知している訳だけであり、上手くポイントを掴んで今年の予想に繋げられればと思う。

 

スポンサーリンク

 

《馬場適性》

 JRA発表の金曜日正午現在の東京ダートは“稍重”。
 金曜日は久しぶりに暑い日になったし、土曜日もマズマズのようなので、良馬場に回復しそうな感じだ。
 しかし、良馬場といっても、今開催のダートの時計や過去のユニコーンSの時計などから、“軽いダート”という認識で良いと思う。
 東京ダートや京都ダートでの好走歴はチェックしたい。

《ラップギア適性》

 過去5年、平坦戦ラップ3年、瞬発戦ラップ2年となっているユニコーンS。

 過去5年のユニコーンSの勝ち馬の出走時点のラップギア適性値は以下のとおり。

 2007年ロングプライド    消0平3瞬1
 2006年ナイキアースワーク 消0平0瞬3
 2005年カネヒキリ      消0平1瞬2
 2004年トップオブワールド 消1平3瞬0
 2003年ユートピア      消1平2瞬0

 過去5年、前後半の4ハロンを比較すると、前半4ハロンの方が速い流れであり、瞬発力よりも持続力が要求されるレースだと思う。
 勿論、直線の長い府中コースであり、中盤に13秒台のラップが発生すれば、それなりの瞬発力も必要となるが、▼7が最大であり瞬発戦実績よりは平坦戦実績を重視したい感じがする。もちろん、併せ持っている方が良いかも知れないが…。(過去5年の勝ち馬4頭に平坦戦実績がある。残り1頭には3着実績がある。)

軸と妙 予想

 過去傾向エントリーで挙げたポイントやラップギア適性、馬場適性等から、“妙味ある馬”◎馬をピックアップします。
※参考印として、馬券対象になる可能性が高いと考える馬を“○印”として加えておきます。

◎ クリールパッション

○ ユビキタス

◎クリールパッション   松岡正海

 ラップギア適性値は【消1平1瞬4】

 3歳ダート路線で堅実な走りをしているクリールパッション。
 昇竜S(平坦戦)で0.3秒差で2着。
 瑞午S(平坦戦)では、1.2秒差で5着も勝ち馬サクセスブロッケンを除けば0.3秒差。
 3走前の伏竜S(瞬発戦)も0.3秒差の4着。
 常にユビキタスに負けているのではあるが、それほど大きな差はないと思う。
 東京ダートは2戦2連対、マイル以上での距離実績もあり、各ラップにも実績があり、注目したい1頭だ。

 ○はユビキタス
 ユビキタスに負けている馬を評価しているのだから、この馬を評価しない訳にはいかない。
 6戦すべて3着以内、平坦戦ラップ得意、持ち時計1分37秒0、連軸は堅い感じがする。

 初ダート馬が人気を集めそうだが、3歳ダート路線で堅実な走りをしている馬たちに期待した。

 初ダート、NHKマイルC組なら、やっぱり4着馬のドリームシグナルに注目。父アグネスデジタルは○ユキビタスと同じであるし、平坦戦実績もある。あとは、ナンヨーヒルトップに注目している。

(※)個人の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com