2007年皐月賞トライアル『第44回弥生賞』は、1番人気のアドマイヤオーラが勝ちました。
 ここまでの3戦は2勝2着1回。そして、すべて上り33秒台での勝利でした。これはディープインパクトが弥生賞に出走した時も同じでした。ディープインパクトは、勿論、3戦全勝でしたけど。
 アドマイヤオーラ、今回は道中6番手ですすめ最終コーナー手前で自ら動いた勝利で立派だったと思います。
 アドマイヤジャパンの半弟ということからも、今後も注目でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 自分は、期待を込めて◎をつけた馬が、期待に応えてくれた場合、次走以降も◎を付ける傾向が多いです。
 カワカミプリンセスもそうですし、今週ならウオッカとかです。
 ドリームジャーニーも朝日杯FSで期待をこめて◎を付けた馬でした。
 しかし、今回の弥生賞では◎は付けませんでした。自分には珍しいことです。
 理由は、朝日杯FSが出来すぎだったことや、追い切り時計が予定以上に早くなり馬体減、折り合いの不安などがあったからです。
 結局、結果は3着でした。
 自分の感想は、「本当に小さい馬なのに頑張ってるな~」と思いました。
 まぁ、巷の評価がどうなのか知りませんが、自分の現時点での評価は「弥生賞、◎にしなくてゴメンね」って感じです。(笑)
 乗り方は難しいと思いますが、皐月賞に繋がるレースだったのでは?と思います。自分も、「もしかしたら皐月賞ではチャンスがあるかも?」とチョット思ったりしています。
 現在より馬場状態は良くなるわけないのですから、上りタイムがかかればチャンスも増すでしょうから。

 フサイチホウオーを正攻法で負かすのは至難の技だと思ったりします。
 やっぱり、負かす馬はドリームジャーニーのような直一気とか逃げ切りとか極端な脚質の馬ではないかな~と思ったりします。

 まぁ、まだまだわかりませんが…。
 って、皐月賞◎ホウオーだったり(笑)。ありえない話じゃない…。

 弥生賞、おもいっきりハズレましたが、今後が少し楽しみになった感じがして良かったと思います。関東馬パンチもよかったし!

スポンサーリンク
【PR】
地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票
ないものはない!お買い物なら楽天市場