天皇賞(秋)予想で、「武豊騎手は負けられないレースだと個人的には思ったりします。」なんて書いておきながら、○(対抗)しかできずに情けない感じです。 しかし、直線これから!という所で、多くの馬に不利があったレースで、少し残念な感じもします。

 

スポンサーリンク

 

 2007年天皇賞(秋)のレースラップ

  12.9-11.5-11.7-11.6-11.9-11.9-11.9-11.5-11.4-12.1

 ラップ分析で参考にしている岡村信将氏のラップギアの表記だと、「▼4 ▼1 △7」の平坦戦(ラスト4ハロン間で0.5秒以上の加速が無いレース)でした。

 《過去9回の終盤ラップパターン》が、瞬発力戦→8回、平坦戦→1回、消耗戦→0回という事で、東京芝2000mは瞬発力戦になることが多いのですが、2007年天皇賞(秋)は少し違いました。しかし、0.4秒の加速がありますし、2ハロンで加速してあり、そこそこの瞬発力も必要でした。
 まぁ、瞬発力だけの馬では厳しかったレースでした。

 1着メイショウサムソンは、これまで平坦戦となったレースは5レースありましたが、馬券対象になれなかったのは体調がイマイチだったような昨年のJCだけで皐月賞も平坦戦で勝利していました。

 個人的には前日の台風の影響の残った馬場(稍重)も微妙に影響していると思います。

 1着メイショウサムソンにとっては、上がり34秒台の決着の馬場はベストでした。日本ダービーも稍重での勝利でした。東京なら“少し重い芝”になっている時に信頼できます。
 2着アグネスアークも34秒台以降の方が良い馬のようです。
 3着カンパニーは、馬場適性の幅は広い馬であり、不利が無ければもっと上に行けたかも知れないと思ったりします。

 
 とにかく、メイショウサムソンは馬場や不利に巻き込まれなかった事など、運も味方にした感じがします。もちろん、今日のような馬場であれば、勝ち負けできる馬だと思いますが…。

 メイショウサムソンやポップロックはJCや有馬記念でも注目でしょう。アドマイヤムーンも当然見直しが必要でしょうけど。

 あ~疲れた。JBC頑張りましょう。

<2016年再掲載>

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com