《予想結果》

 ◎ エーシンフォワード →10着

【第13回NHKマイルカップのレースラップ】東京芝1600M 稍重

  12.2-11.0-11.4-12.1-12.5-11.711.2-12.1

  前半4ハロン46.7 後半5ハロン47.5  1分32秒2

 

スポンサーリンク

 

 自分のレースラップ分析で参考にしている“岡村信将氏のラップギア”の表記だと、「▼8▼5△9」の瞬発戦ラップでした。(ラスト4ハロン間のラップ間で0.5秒以上の加速区間があるレース)(ブログで書くことは了解頂いてます。)

 1着ディープスカイ(1番人気)の上がり3ハロンタイムが“33.9秒”は、自分の考えていた馬場からは想定外の数字でした。
 特に速い流れではなかったと思いますが、前半4ハロンの方が、“0.8秒”速かった流れでの“ラスト▼8▼5の加速”は、能力の高さだと思います。

 ロス無く、良い馬場を走れた事も勝因でしょうが、強いなぁ~と。

 瞬発戦となり、ラップギア適性値【消0平0瞬6】(レース前)だったディープスカイの勝利は当然だったのかも知れません。
 毎日杯優勝馬でもあり、実績、能力はトップクラスだったのですから…。

 個人的には、“軽い芝”でなく、“重い芝”という判断をしていたので、他馬にもチャンスありと見てしまったのですが、まさか“33秒台”の末脚をココで使うとは想像していませんでした。
 9Rで勝ったオペラブラーボが“上がり33.8秒”であったことを、しっかり把握しておけば、ヤバイということがスタート前に分かったのかもしれません。
 まぁ、でも、予想を直前に変えるような勇気がないので、ヤバイな~と思うだけなのですが…(苦笑)
(9R終了後に重から稍重になった。)

 馬場の把握は難しいですね。
 別に雨だから、馬券を買えないとかではありませんが、馬場の状況が分かっていないと厳しいと思います。
 土曜日の微妙な雨予報での、前日予想はキツイです。
 ブログの為に、無理することはないかもと思っています。馬場が分からない時は、当日に予想し更新するケースも今後はあるかも知れません。
 ランキングとかよりも馬券ですから。
 自分の馬券には余裕なんてありません……。

 回顧終了。

 話は変わりますが、今週の東京開催、アンカツ&藤沢和コンビが目に付きましたね。
 土曜日は2レース、日曜日も2レース。
 結果は、馬券対象(3着以内)はゼロでした。
 自分も結構○印とかつけてしまい、ブランドに弱いヤツだな~と実感してしまいます。興味の無い世界だと、まったくブランドなんて興味ない人間なのに…(苦笑)
 しかし、東京では藤沢和厩舎もイマイチでしたが、カジノドライブ(今回はケント・デザーモ騎手が騎乗)が、米3冠最終戦ベルモントSの前哨戦であるピーターパンSで2着に5馬身3/4差の圧勝をしたそうで良かったな~と思います。
 ベルモントS、良い結果になればと思います。海外競馬、力関係など把握できていませんけど…。

 さて、次週は古馬牝馬のマイル戦である【ヴィクトリアマイル】です。
 しっかり、馬場などを把握して、予想できればと思います。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com