今週から夏競馬です。函館、福島、京都の3場開催です。
 今週は、牝馬の重賞【第11回マーメイドステークス】(芝1800m・G3)が京都競馬場で行われます。
 例年は阪神競馬場ですが、今年は京都です。そして、2006年から別定戦からハンデ戦へ変更されました。
 2006年【第11回マーメイドS】を過去5年の1~3着馬の成績表と、過去10年のデータからレース傾向をみます。

 

スポンサーリンク

 

 今年のマーメイドSは、ハンデ戦へ変更された事と、例年の阪神競馬場でなく京都競馬場でのレースという事で、過去のデータはあまり参考にならないかな~と思います。
 あくまで参考データという事で……。

2006年 第11回マーメイドS 予想検討データ
【傾向】(過去10年※全て阪神で別定戦。
■人気
1番人気【4.2.0.2】連対率60%
2番人気【1.6.0.3】連対率70%
3番人気【1.1.1.7】連対率20%
4番人気【2.1.0.7】連対率30%

 過去5年成績表(画像)から、過去5年1、2番人気の馬が、必ず連対しているレースです。
 過去10年の馬連平均配当が1,140円ということで、堅いイメージのレースです。

■連対馬の脚質
 逃げ・・・4頭  先行・・・9頭
 差し・・・6頭  追込・・・1頭

 今年はコースが違うので…。しかし、過去のラップタイムを見ると、スローペースが多いという事で、先行馬が有利のようです。
 2006年は京都ですが、直線平坦の京都開幕週ですので、やはり先行馬には注目したい感じがします。

■世代
 3歳馬【0.0.1.4】連対率0%
 4歳馬【6.4.4.41】連対率18%
 5歳馬【2.6.3.34】連対率21%
 6歳馬【0.0.2.8】連対率0%
 7歳上【0.0.0.2】連対率0%

 4歳、5歳馬が断然中心です。

■連対馬の前走は…
 前走で連対していた馬は6頭ということで、巻き返し可能のレースのようです。
 前走が重賞なら大敗からの巻き返しも可能ですが、オープン特別や準オープンでは上位の成績が必要です。

■所属
・関東馬【0.1.2.15】連対率6%
・関西馬【10.9.8.74】連対率19%

 関東馬ではフィヨルドクルーズが注目だと思いますが、データからは厳しい感じです。

■スピード指数(過去5年)
【前】・・・連対馬10頭中6頭
【近】・・・連対馬10頭中7頭

 スピード指数ランク上位馬も、まずまず信頼できそうなレースです。【前】【近】揃っている馬で人気上位であれば、スピード指数ランクを軸馬選びの決め手にできるかも知れません。

 ちなみに、1番人気で連対できなかった馬のスピード指数は…
  2002年 4着 ローズバド 牝4 安藤勝己 【近1】《先》
  2003年 7着 スマイルトゥモロー 牝4 武豊 【前3】《先》《上》
  2005年 5着 レクレドール 牝4 熊沢重文  【前1】《上》
 敢えてスピード指数ランクから共通点を探せば、【前】【近】両方ランク上位でないという事です。連対している1番人気馬は【前】【近】両方ランク上位のようなので、2つある1番人気馬であれば信頼できるかも知れません。
※スピード指数ランクは【軸◎と妙☆】予想の出馬表に掲載予定です。

 過去の傾向を書きましたが、今年は京都コース、ハンデ戦への変更など、違う部分もあるので、データはいつも以上に参考程度という感じです。また、今年から牝馬のG1ヴィクトリアマイルも始まったので、過去に出走したメンバーよりも、今後は出走馬のレベルはダウンするのだろうと思います。
 今年のG1級の馬だとヤマニンシュクルでしょう。ハンデ57キロと馬場が鍵となりそうです。
 この梅雨の時期にハンデ戦という事で、馬場状態により軽ハンデ馬の道悪巧者には注意したい感じです。重巧者ライラプス(55.0)、軽ハンデ馬で道悪実績あるサンレイジャスパー(51.0)、ソリッドプラチナム(49.0)あたりが気になります。
 まぁ、先週のCBC賞のシーイズトウショウの57キロでの勝利を予想の段階で思い出すと、更に頭の中が混乱してきそうな感じがします。(苦笑)
 夏競馬スタート!面白くなりそうです。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com