日曜日(2008年3月16日)、内田浩一騎手(39歳・栗東)が引退した。(正式には3月20日付で引退)
 今後は、所属厩舎であった清水出美厩舎で調教助手となるそうだ。

 

スポンサーリンク

 

 関東中心の自分は、内田浩一騎手といっても、あまりピンとこない。

 G1勝利は、1990年の菊花賞メジロマックイーンの1勝。

 メジロマックイーンが菊花賞を制覇した時、すでに自分は競馬をしていたけれど、マックイーン=武豊のイメージしかなかったりする。

 まぁ、1990年なんて時は、今のように全場の馬券なんて買えなかったし、特別戦も買えない時代(違う?)だったと思うので、重賞初挑戦の菊花賞(4番人気)のマックイーンのことなんて、当時の競馬初心者の自分には良くわからなかったのだろうと思う。

 菊花賞を制した後は、武豊騎手で引退までレースをする。
 個人的には、マックイーンというと天皇賞(秋)の降着した時のレースの事が直ぐに思い浮かぶのだけど…。

 日曜日、なぜか中山でメジロマックイーン産駒が走った。
 中山10Rでホクトスルタンが1着。
 そして、メインの中山牝馬Sでヤマニンメルベイユが1着。

 ホクトスルタンは危ない人気馬と考えてしまい、恥をかいた(苦笑)
 ヤマニンメルベイユは、☆か★にするかで最後まで迷った馬だった…。

 マックイーンと共にG1を獲った騎手が引退する日に、子供たちが走る。

 こんな事もあるんだな。

 だから、競馬は面白い。

 ホクトスルタンには、天皇賞(春)に向けて頑張って欲しいと思う。
 親子四代天皇賞制覇の奇跡の瞬間のために!

※メジロマックイーン、2006年4月3日繋養先の社台スタリオンステーション荻伏で、心不全のため死亡。現3歳馬がラストクロップ。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com