昨日の夜、コスモバルクがシンガポール航空国際カップ(国際G1・芝2000m)に勝ったという嬉しい知らせを聞いた。
 前評判が良かった事は知っていたが、レースの時間は確認していなかった。週末は、自分の日本の競馬の事で、いっぱいいっぱいだから…(汗)

 

スポンサーリンク

 

 

 コスモバルクは、ホッカイドウ競馬所属の地方馬です。もちろん、地方馬の海外G1制覇は史上初の快挙です。
 昨日の日本のヴィクトリアマイルで初G1勝利した北村宏司騎手の勝利も嬉しいものがありましたが、五十嵐冬樹騎手の勝利も良かったな~と思います。
 コスモバルクの主戦としてクラシックでは手綱をとりましたが、JCではルメール騎手が騎乗し2着、そして、手綱をとった2004年有馬記念11着後、しばらくコスモバルクに騎乗できない時期がありました。そして、昨年の有馬記念で久々のコンビ復活のレースで4着と好走しました。やっぱり、コスモバルクは五十嵐冬樹騎手というイメージを強く与えたと思います。
もうすぐ日本ダービーですが、あの年のダービーの時は、競馬中継以外のテレビ番組でも、地方馬コスモバルクと五十嵐冬樹騎手が扱われたりして大きな話題だったことを、ダービー間近のこの時期で思い出します。

 コスモバルクの活躍は、個人的には励みになります。愛馬オペラシチーは、菊花賞でコスモバルクに競り勝ち3着と頑張りました。コスモバルクが良い競馬をすればするほど、オペラシチーもまだ頑張れると勇気づけられます。
 オペラシチーは年内休養と辛い2006年になりそうですが、オペラシチーの分も、コスモバルクには無事に走って欲しいと思います。
 ディープインパクトの海外遠征前の宝塚記念。海外G1優勝馬コスモバルクとの競演と楽しみが1つ増えました。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com