2008年【第60回阪神ジュベナイルフィリーズ】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【阪神11R 第60回阪神ジュベナイルフィリーズ】

2歳・牝馬・Jpn1・芝1600m外

 阪神芝1600m外回りコースとなった近2年では、抽選を突破し出走できたウオッカ、トールポピーが2年連続で優勝しています。
 2008年阪神JFも、ブエナビスタ、ミクロコスモスなど人気を集める馬が出走してきました。
 2009年桜花賞に向けて、注目の一戦となりそうです。

 

スポンサーリンク

 

軸◯と妙☆
◎は私の期待馬です。

ダノンベルベール  後藤浩輝
 ラップギア適性値は【消1平0瞬2】

 近2年は、瞬発戦平坦戦となっている阪神JFです。
 阪神芝1600m外回りコースは、スローの上がり勝負というイメージが強くありますが、近2年の阪神JFは前半の方が速い流れとなっています。よって、終盤で大きな加速ラップは発生していません。
 しかし、過去2年の結果でしかなく、2008年の阪神JFのペースを考えることが重要でしょう。
 まぁ、ペース・流れを当てる方が、馬券を当てることよりも難しい感じもしていますが…。
 そこで、確実にペースを読めないとなると、過去の傾向・統計を参考にするのが得策のような気がします。
 阪神芝1600m外回りは、瞬発戦8割のコースです。確実に淀みのないハイペースになると考えられないのであれば、瞬発力勝負を軸に据えて考えた方が良いと感じます。

 と言う事で、“瞬2”前走上がり33秒台の末脚で勝った関東馬ダノンベルベールに期待します。2走前の芙蓉S(中山芝1600m)2着の走りも、能力を感じさせたレースだったと思います。
 また、関東馬ですが、栗東に滞在し調整を進めていることで、関東馬という不安要素は気になりません。陣営の意気込みも感じます。(私、競馬関係者じゃないので、単なる個人的な印象ですけど…。)

 基本、多頭数の外枠よりも内枠を買いたい感じのコースでもあり(特にスローなら)、上位人気馬が外枠寄りならば、内枠のダノンベルベールに期待するのもアリだと思います。中団ぐらいで巧く走ってもらいたいと思います。

 キャリアの浅い2歳馬の牝馬戦。チョットでも期待が持てそうな馬を買った方が面白いかな~と思ったりします。
 普通に考えれば、ジェルミナル、ブエナビスタが、やっぱり良いと思いますが…。

 ◯は、ジェルミナル
 ラップギア適性値は【消0平0瞬2】
 8枠17番が、チョット気になるぐらい。

 ☆は、ワンカラット
 ラップギア適性値は【消0平1瞬1】
 前走、2着も惜しい内容。
 1600m以上での好走歴はないが、G2ファンタジーS(芝1400m)で2着なら、過去の傾向からも問題なし。
 過去の傾向からは減点材料が少ない馬だと思います。

◎02ダノンベルベール
◯17ジェルミナル
☆12ワンカラット
△13ブエナビスタ
△09ミクロコスモス

 5つの印に絞ると、人気どころになってしまいました。
 スローでなければ、人気薄の14番チャームポットも気になります。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com