サッカー日本代表は、2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会1次予選敗退が決まった。
 まぁ、特に驚くべき結果でもなく、当然のような感じがする。
 自分は、ウイイレで外国人選手を覚えるようなレベルのサッカーファンであるが、勝トーナメント進出は正直厳しいだろうな~と当初から思っていた。自分の周りのサッカー通の人達も厳しいと思っていた人が多かったと思う。

 

スポンサーリンク

 

 
 冷静に判断すれば、ジーコジャパンに、W杯での活躍を期待するのは酷だと思う。
 本当に強いジーコジャパンを、この4年間で感じただろうか?
 個人的には、「ジーコはやっぱり神様だな~」と感じるような、ラッキーな勝利の印象しかない感じです。
 それに比べると、ディープインパクトの走り、レース内容は、ラッキーではなく、本当の強さを感じるレースばかりだと思います。
 ジーコジャパンと比較するのは間違っているかも知れないが、ジーコジャパンに日本中が期待したのであれば、ディープインパクトの凱旋門賞に期待する方が、遥かに可能性が高いと感じます。
 凱旋門賞、NHK総合で中継されるという話を、新聞で読みました。
 サッカーのように、日本全体では盛り上がれないだろうけど、日本中の競馬ファンでディープインパクトに声援を送れる日になればと思う。

   飛べ!ディープインパクト
   飛べ!世界へ!

 ジーコJAPANの分も、今秋の凱旋門賞で世界レベルの走りを見せてほしいと思います。
 俺は、ジーコは嫌いでない。日本のサッカーの発展には、ジーコがJリーグ発足前に、日本に来てくれたことを感謝している。監督としては、残念だったが、監督未経験のジーコに期待し過ぎた協会の責任は大きいと感じる。
 ジーコ、中田英寿、お疲れさま。

   ディープインパクト、宝塚記念、無事に飛べ!

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com