「レース結果」の記事一覧

フェブラリーステークス2017 結果・配当 1着ゴールドドリーム

レース結果

2017年2月19日(日)東京競馬場で行われた【第34回フェブラリーステークス】(4歳上・G1・ダート1600m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 フェブラリーS:1着は2番人気だったゴールドドリーム(M.デムーロ騎手)が勝利しました。 2着は5番人気ベストウォーリア(戸崎圭太騎手)、3着は1番人気カフジテイク(津村明秀騎手)となっています。

小倉大賞典2017 結果・配当 1着マルターズアポジー

レース結果

2017年2月19日(日)小倉競馬場で行われた【第51回小倉大賞典】(4歳上・G3・ハンデ・芝1800m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 小倉大賞典:1着は4番人気だったマルターズアポジー(武士沢友治騎手)が勝利しました。 2着は8番人気ヒストリカル(高倉稜騎手)、3着は5番人気クラリティスカイ(田辺裕信騎手)となっています。

ダイヤモンドステークス2017 結果・配当 1着アルバート

レース結果

2017年2月18日(土)東京競馬場で行われた【第67回ダイヤモンドステークス】(4歳上・G3・ハンデ・芝3400m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 ダイヤモンドS:1着は1番人気だったアルバート(R.ムーア騎手)が勝利しました。 2着は6番人気ラブラドライト(酒井学騎手)、3着は2番人気カフジプリンス(川田将雅騎手)となっています。

京都牝馬ステークス2017 結果・配当 1着レッツゴードンキ

レース結果

2017年2月18日(土)京都競馬場で行われた【第52回京都牝馬ステークス】(4歳上牝馬・G3・芝1400m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 京都牝馬S:1着は1番人気だったレッツゴードンキ(岩田康誠騎手)が勝利しました。 2着は7番人気ワンスインナムーン(石橋脩騎手)、3着は5番人気スナッチマインド(浜中俊騎手)となっています。

共同通信杯2017 結果・配当 1着◎スワーヴリチャード

レース結果

2017年2月12日(日)東京競馬場で行われた【第51回共同通信杯(トキノミノル記念)】(3歳・G3・芝1800m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は2番人気だったスワーヴリチャード(四位洋文騎手)が勝利しました。 2着は6番人気エトルディーニュ(柴山雄一騎手)、3着は1番人気ムーヴザワールド(戸崎圭太騎手)となっています。

京都記念2017 結果・配当 1着サトノクラウン

レース結果

2017年2月12日(日)京都競馬場で行われた【第110回農林水産省賞典京都記念】(4歳上・G2・芝2200m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は3番人気だったサトノクラウン(M.デムーロ騎手)が勝利しました。 2着は5番人気スマートレイアー(岩田康誠騎手)、3着は1番人気マカヒキ(R.ムーア騎手)となっています。

クイーンカップ2017 結果・配当 1着アドマイヤミヤビ

レース結果

2017年2月11日(祝・土)東京競馬場で行われた【第52回デイリー杯クイーンカップ】(3歳牝馬・G3・芝1600m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は1番人気だったアドマイヤミヤビ(C.ルメール騎手)が勝利しました。 2着は5番人気アエロリット(横山典弘騎手)、3着は2番人気フローレスマジック(戸崎圭太騎手)となっています。

東京新聞杯2017 結果・配当 1着ブラックスピネル

レース結果

2017年2月5日(日)東京競馬場で行われた【第67回東京新聞杯】(4歳上・G3・芝1600m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は3番人気だったブラックスピネル(M.デムーロ騎手)が勝利しました。 2着は5番人気プロディガルサン(田辺裕信騎手)、3着は1番人気エアスピネル(武豊騎手)となっています。

きさらぎ賞2017 結果・配当 1着アメリカズカップ

レース結果

2017年2月5日(日)京都競馬場で行われた【第57回きさらぎ賞】(3歳・G3・芝1800m外回り)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 きさらぎ賞:1着は6番人気だったアメリカズカップ(松若風馬騎手)が勝利しました。 2着は2番人気サトノアーサー(川田将雅騎手)、3着は2番人気ダンビュライト(C.ルメール騎手)となっています。

川崎記念2017 結果・配当 1着オールブラッシュ

レース結果

2017年2月1日(水)川崎競馬場で行われた【第66回川崎記念】(4歳上・Jpn1・ダート2100m)のレース結果、配当(払い戻し)は以下のとおりです。 1着は5番人気だったオールブラッシュ(C.ルメール騎手)が勝利しました。 2着は1番人気サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)、3着は6番人気コスモカナディアン(柴田大知騎手)となっています。

ページの先頭へ