2008年【ファンタジーS】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。
 予想も当たればイイのですが!(>_<)

 

スポンサーリンク

 

【京都11R ファンタジーS】

2歳・牝馬・Jpn3・芝1400M外回り

 過去5年、平穏傾向の目立つファンタジーSです。

 『ファンタジーS【ラップギア傾向】(2008年)』で書いたとおり、消耗戦平坦戦ラップとなるレースです。
 京都芝1400m外回りコース全体では、平坦戦の次に瞬発戦の確率が高くなっているコースですが、2歳牝馬のファンタジーSでは、消耗戦の確率が高くなっています。
 キャリアの浅い2歳馬ということで、1200m経験馬が多いことやBコース替わりなどが前傾ラップ傾向につながっていると思ったりします。

軸○と妙☆
◎は私の期待馬です。堅実な軸馬ではありません。

◎ ツルマルハロー

◯ アディアフォーン

☆ プレザントブリーズ

◎ツルマルハロー  武豊

 ラップギア適性値は【消0平0瞬1】
 平坦戦消耗戦の確率が高いと書いておきながら、瞬1のツルマルハローに◎となってしまいました。
 キャリア1戦、デビュー戦は京都ダート1400mの芝未経験と未知(不安?)の部分が多いのも確かですが、デビュー戦2着に6馬身差の圧勝は魅力です。
 タイムは平凡も、前傾ラップを逃げ、直線で0.9秒の加速をし、楽勝したレースでした。
 普通、前傾ラップ(この時は前後4F比較で-2.4秒)だと、加速の小さい平坦戦か加速のない消耗戦となることが多いと思いますが、▼9の瞬発戦にした所を評価したいと思います。
 デビュー戦、中盤やや緩んでいるとは思いますけど、今回も先手をとり、上手く流れに乗れば、チャンス十分だと考えます。

 過去5年、前走ダートからの3着内馬は1頭のみですが、1/2のデータなので気にするデータではないと思います。
 それよりも、京都芝1400m外回りコースでのアグネスデジタル産駒の成績はマズマズです。昨年の2着馬エイムアットビップもアグネスデジタル産駒です。

 土曜日、雨で京都芝は稍重だったことも、“軽い芝”が未知のツルマルハローにとっては、プラスだと思います。

 ◯は、アディアフォーン。
 ラップギア適性値は【消1平2瞬0】

 ☆は、プレザントブリーズ。
 ラップギア適性値は【消0平2瞬0】
 注目の前走レースである【りんどう賞】2着馬。
 末脚が生きる流れなら、楽しみはあるかも知れない。

◎14ツルマルハロー
○05アディアフォーン
☆12プレザントブリーズ
△04ワイドサファイア
△06ナムラミーティア

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com