2008年ラジオNIKKEI賞(3歳・オープン・Jpn3・ハンデ・芝1800M)の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

《馬場適性》

 土曜日の芝は良馬場。
 今週からBコースが使用されている。(内サクを外に移動)
 見て目は明らかに荒れているが、土曜日のメインレースはレコード決着であり、時計は速い。
 基本的には先行有利だと思うが、ペース次第では差しも決まる感じだ。
 まだ、外差しは目立ってはいないが、日曜日のメインレース頃には、外差しにも注意が必要な感じもする。

 

スポンサーリンク

 

《ラップギア適性》

 過去5年、平坦戦ラップ2年、消耗戦ラップ2年、瞬発戦ラップ1年となっている。

 過去5年の勝ち馬の出走時点のラップギア適性値は以下のとおり。

 2007年ロックドゥカンブ  消0平1瞬1
 2006年タマモサポート   消0平0瞬3
 2005年コンラッド     消0平0瞬3
 2004年ケイアイガード   消1平0瞬2
 2003年ヴィータローザ   消0平1瞬1

※過去5年のレースラップは過去傾向エントリに掲載済み。

 レースは、消耗戦平坦戦瞬発戦の各ラップが発生しているが、勝ち馬は瞬発戦を持っている馬が多いようだ。
 前にも書いたと思うが、3歳戦の芝中距離戦であり、スローの瞬発力勝負のレースが多いからだと思う。
 ちょっと、これだけでは難しいと思うが、瞬発戦実績があり、能力を示している馬が良いと感じる。

軸と妙 予想

 過去傾向エントリーで挙げたポイントやラップギア適性、馬場適性等から、“妙味ある馬”◎馬をピックアップします。
※参考印として、馬券対象になる可能性が高いと考える馬を“○印”として加えておきます。

◎ スマートギア

○ タケショウオージ

◎スマートギア   津村明秀

 ラップギア適性値は【消0平0瞬2】
 前走の内容を評価。
 前半4ハロン47.4秒、後半4ハロン48.2秒。2ハロン目に10秒台、中盤5ハロン目に11秒台で、緩い上がり勝負でないレースでの勝利。
 まぁ、差し、追込が決まり易い流れでの追込での勝利ではあるが、上がり3ハロン最速であり、小回りコースに対応できる瞬発力を評価。
 差しが決まる馬場になっていればチャンスあり。

 ○はタケショウオージ
 ラップギア適性値は【消0平1瞬3】
 福島芝1800Mの平坦戦での勝利もあるし、こちらも前2走は、平均ペース(やや前半が速い流れ)ぐらいで2連勝しており、能力は上位だと思う。
 
 横山典騎手が福島参戦で、過剰にダイバーシティが人気を集めるようであれば、こちらの方が面白いか?
 もちろん、ダイバーシティも能力は高いので軽視はできないが…。

 他では、モンテクリスエスとアロマキャンドルあたりに注目しています。

(※)個人の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com