函館メインレース【大沼ステークス2008年】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【函館11R 大沼S】
3歳上・オープン・ハンデ・ダート1700M

 

スポンサーリンク

 

《馬場適性》

 JRA発表の金曜日正午現在の函館ダートは“良”。
 土曜日は曇の予報のようだ。
 今開催の函館ダートは、良馬場でも時計は例年よりも速くなっている。
 基本的には“重いダート”の部類だが、持ち時計、“軽いダート”での実績にも少し注意したい感じがする。

《ラップギア適性》

 過去5年、平坦戦ラップ3年、消耗戦ラップ1年、瞬発戦ラップ1年となっている【大沼S】。

 過去5年の勝ち馬の出走時点のラップギア適性値は以下のとおり。

 2007年フィールドルージュ 消2平2瞬4
 2006年フィールドルージュ 消1平1瞬4
 2005年カフェオリンポス  消3平1瞬2
 2004年ウインデュエル   消1平4瞬2
 2003年ブリリアントロード 消1平6瞬4

※過去5年のレースラップは過去傾向エントリに掲載済み。

 小回りの函館ダートで、前傾ラップのレース。
 基本的には、平坦戦瞬発戦で実績を残している馬が良い感じだ。
 しかし、勝ち馬すべてに消耗戦での実績もある。

軸と妙 予想

 過去傾向エントリーで挙げたポイントやラップギア適性、馬場適性等から、“妙味ある馬”◎馬をピックアップします。
※参考印として、馬券対象になる可能性が高いと考える馬を“○印”として加えておきます。

◎ セレスクラブ

○ イブロン

◎セレスクラブ   松岡正海

 ラップギア適性値は【消1平3瞬1】
 前走準オープン(1着)、ハンデ53キロ、6歳馬という事で、過去傾向からはイマイチ。
 正直、能力的にも厳しさを感じるが…。
 しかし、流れの速い“軽いダート”は良く、時計の速い今年の函館ダートで、先行してハンデを活かせれば、3着以内ならという期待は感じる。

 ○はイブロン
 ラップギア適性値は【消1平3瞬4】で、理想的か?
 ハンデも56キロも良い感じだ。
 “軽いダート”の方が良いと思うが、中山ダートでも実績あり、函館ダートは問題ないと思う。
 先行力もあり良いのではないか?

 他では、近走不振も能力あるキクノアローやハンデ54キロのキングトップガンが気になる存在。
 人気どころで押えるならフェラーリピサという感じで。

(※)個人の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com