2008年【第44回 関東オークス(Jpn2)】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【川崎10R 関東オークス】ダート2100m(左回り)

 

スポンサーリンク

 

 過去5年の傾向を少し振り返ってみると、中央3勝、地方2勝となっている。
 連対馬だと、中央7頭、地方3頭となり、やはり中央勢(JRA)が優勢だ。
 過去5年、中央から連対馬が必ず出ている。

 川崎ダートは、大井や船橋よりも“重いダート”だと思う。
 中央勢なら、やはり中山や阪神等の“重いダート”の実績がある方が良いような気がする。
 そこで、勝ち馬3頭の馬場実績を調べてみる。

 2007年1着 ホワイトメロディー ⇒阪神ダート(良)で2勝。
 2004年1着 トーセンジョウオー ⇒中山ダートで1勝2着1回。
 2003年1着 レマーズガール ⇒ 京都ダートで実績あり。

 レマーズガールは阪神ダート(重いダート)は1戦だけであり、どちらかと言えば“軽いダート”向きと判断してしまいそうな戦績であったが、その他の2頭は中山や阪神での好走実績を持っていた。

 能力差で、多少の馬場適性はクリアしてしまいそうな感じもあるが、少しは気にしたい所だと思う。

 地方馬2頭の馬場適性(実績)も見ておく。

 2006年1着 チャームアスリープ  ⇒浦和で1着あり。
 2005年1着 テンセイフジ ⇒川崎、浦和で1着あり。

 当時の馬場が良ではないので、あまり参考にならないのかも知れない。
 もちろん、どちらにも大井での実績もある。

 今年(2008年)は、今のところ良馬場っぽいので、南関東でも“重いダート”の川崎や浦和での実績に注目するのも良いかもしれない。

 一応、レースラップも見ておこう。

《2007年》良
 6.7-10.9-12.2-13.5-12.4-13.7-14.1-12.6-13.8-13.7-12.9 =2:16.5
 △12▼1▼8 瞬発戦
《2006年》稍重
 6.6-10.7-12.1-13.6-13.7-14.4-14.6-12.7-13.3-13.5-13.3 =2:18.5
 △6△2▼2 平坦戦
《2005年》不良
 6.5-10.8-12.2-13.8-12.4-13.3-14.0-11.7-14.2-14.4-13.2 =2:16.5
 △25△2▼12 瞬発戦
《2004年》重
 6.9-10.9-12.4-13.3-13.1-13.5-14.6-12.1-12.9-13.5-12.7 =2:15.9
 △8△6▼8 瞬発戦
《2003年》稍
 6.8-10.5-12.2-13.4-13.0-13.5-14.5-12.2-13.6-13.2-12.7 =2:15.6
 △14▼4▼5 瞬発戦

 過去5年中4年が瞬発戦

 直線ゴール板まで300m。
 最終コーナーから直線での瞬発力勝負。
 ラスト1ハロンが最大加速区間(終盤で)なのだから、位置取りが悪いと追込み切れない。
 過去5年の連対馬は4角5番手以内だし、4角1番手が5年連続で連対している。
 良馬場、重馬場に関係なく、4角で先頭集団にいないと勝ち負けは無理そうだ。

JRA勢のラップギア適性値

カレイジャスミン【消0平0瞬4】
マダムルコント【消0平0瞬0】
プロヴィナージュ【消0平2瞬1】
ユキチャン【消0平1瞬1】

 地方馬は、わからない。
 ちなみに、主なレースは以下のとおり。

東京プリンセス賞(大井)⇒“±0▼4△17”平坦戦
桜花賞(浦和)⇒“▼9△14▼1”瞬発戦
東京2歳優駿牝馬(大井)⇒“▼1±0△1”平坦戦
ローレル賞(川崎)⇒“△3△6▼10”瞬発戦

軸と妙 予想

 ◎ プロヴィナージュ  田中勝春

 阪神ダート1400M(良)で2着あり。
 東京ダートで2勝しており、“軽いダート”の方が良いのかもしれないが、中山ダート不良で7着、京都ダート稍重で3着と着順を落とし、東京ダートだが良馬場で着順を上げている。
 道悪で着順を下げ、良で上げているので注目。チョット無理やりか(苦笑)

 前走の東京ダート1600M(500万下・牝馬)、前半4ハロン48.3秒-後半4ハロン50.4秒で、13秒台ナシの淀みのない流れを3番手からの競馬で2着に1.3秒差の勝利を評価。

 基本的には、過去の傾向どおり、先行していないと厳しい感じであり、脚質的にもプロヴィナージュに期待したい。

 ☆ インカローズ  的場文男

 地方馬では、桜花賞2着馬のインカローズ。
 川崎競馬、初日、2日目を見ていると、下級クラスでは“人気の逃げ、先行馬”が、やはり強いような感じだが、差せない馬場ではないような感じがする。
 まぁ、1着は厳しいかも知れないが…。

 浦和もラスト1ハロンの瞬発力勝負であり、桜花賞で2着になった末脚に期待したい。(桜花賞は▼1だけど…)

 “重いダート”の方が良いと思うので、このまま良馬場で。

 あと、少し気になるのは、ローレル賞(川崎)1着のマダムルコント。
 インカローズと同じで旭川でも実績がアリ、“重いダート”で気になる。

 開催3日目、やはり使ってるうちに時計が出やすくなるのだろうか?
 ただいま、地方競馬(南関東)勉強中なので、良くわかっていないが…。
 南関素人予想なので、あまり気にせずに…。

(※)個人の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com