【第53回京王杯スプリングカップ2008】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【東京11R 京王杯SC】
4歳上・オープン・G2・芝1400m

 安田記念のステップレースである京王SC。
 過去5年、1番人気馬の3着以内はゼロであり、データ的には1番人気馬不振の重賞。
 また、前走、高松宮記念組が不振であったりする。
 その他の傾向について気になる方は、平日に更新しているエントリーを見ていて頂ければと思う。

 

スポンサーリンク

 

《馬場適性》

 4週目の東京芝Aコース。
 先週は雨で道悪の競馬。よって、水準よりも時計を要する馬場となった。
 しかし、雨が上がった日曜後半は、上がり33秒台という速い上がり時計もあり、馬場は思っているほど悪くはないようだ。
 ただ、末脚が伸びている馬は、内ラチ側から5、6頭分離れた部分を走っていた。
 JRA発表の金曜日正午現在の東京馬場は“良”。
 土日ともマズマズの天気のようなので、東京芝水準ぐらい(先々週ぐらい)の馬場レベルに戻るような気がする。
 先週のレースを見ていると、内より中側が伸びるよう傾向もあるので、差しも決まる馬場ではないかと思う。しかし、先週、多くの馬が、内側をあけて走っていたので、良馬場なら内側も悪くなかったりするのかも知れない?

 前日予想なので、内もマズマズ、外差しも決まるという事で考えてみたい。(内外極端な有利不利は無いという感じで…)

《ラップギア適性》

 過去5年、瞬発戦ラップ3年、平坦戦ラップ2年となっている京王杯SC。
 基本的には、スローペースになりづらく、東京芝中距離で見られる、大きな加速の発生する瞬発戦にはならないレースだ。

 過去5年の勝ち馬の京王杯SC出走時点のラップギア適性値は以下のとおり。

 2007年エイシンドーバー  消1平7瞬4
 2006年オレハマッテルゼ  消3平7瞬6
 2005年アサクサデンエン  消1平7瞬1
 2004年ウインラディウス  消0平3瞬5
 2003年テレグノシス    消0平3瞬2

 勝ち馬5頭中4頭が、瞬発戦よりも平坦戦実績がある馬が多い。
 瞬発戦6割のコースであり、瞬発戦実績は勿論必要であるが、平坦戦実績にも注目したいラップギア適性値となっている。

軸と妙 予想

 過去傾向エントリーで挙げたポイントやラップギア適性、馬場適性等から、“妙味ある馬”◎馬をピックアップします。
※参考印として、馬券対象になる可能性が高いと考える馬を“○印”として加えておきます。

◎ ハイソサエティー

○ スズカフェニックス

◎ハイソサエティー   田中勝春

 ラップギア適性値は【消0平1瞬3】
 正直、3着以内という意味での◎。
 
 過去の勝ち馬のラップギア適性値からは、平坦戦実績が弱い感じがするが、平坦戦は5戦して3戦が3着内という成績。
 そして、前走は消耗戦となった谷川岳S(新潟芝1400M)で3着であり、見た目の数字よりは平坦戦も悪くないと思う。

 適性ということであれば、ラップギアよりも馬場適性の方で注目できる。
 前走は新潟開幕週であるし、東京芝は【3-0-0-2】と3勝している馬場であり、“軽い芝”の方が期待できる馬だと思う。
 極端な上がり3ハロン時計はないが、前走34.2秒で追い込んできてもいるので、現在の4週目の馬場(極端に軽くない芝。水準級)なら、対応できると期待したい。

 ○ スズカフェニックス。
 ラップギア適性値は【消2平5瞬4】
 ラップギア的にも、過去の勝ち馬と同じようだ。
 前走、高松宮記念組が人気でコケルというレースではあるが、スズカフェニックスの場合は、東京芝マイル重賞での実績もあり、今回の方が能力が発揮しやすいと思う。
 ラップギア、馬場適性、どちらも問題なく、勝つ可能性が高いと思う。

 個人的な馬券は、◎の単勝(いつもより配分は少な目)と◎から上位人気馬(○とその他2頭)へのワイド流し。

(※)個人の趣味の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com