【第137回天皇賞(春)2008年】の予想を紹介しています。
 見応えのある良いレースになればな~と思います。全馬、無事に完走で。

【京都11R 天皇賞(春)】
4歳上・オープン・G1・芝3200M外

 最強ステイヤー決定戦である天皇賞(春)。
 過去の傾向からだと、「1番人気馬がG1未勝利馬だと波乱になりやすい」という傾向にある。
 土曜日の前売り終了時点では、2007年の菊花賞馬アサクサキングスと2007年天皇賞(春)(秋)を制したメイショウサムソンが上位人気となっている。
 この2頭は、どちらもG1馬ではあるが、サムソンは前2走着外という成績である。春の天皇賞と菊花賞馬は関連性も深くイメージ的にはアサクサキングスの方が信頼できそうな感じだが?
 ということで、1番人気に押されているのであろう…。

 2008年、古馬G1もクラシック同様、簡単に納まりそうにないと思う。

 

スポンサーリンク

 

《馬場適性》

 2週目の京都芝Dコース。
 京都は、晴れの良馬場。
 メインの準オープン『朱雀S』芝1600Mの勝ち時計は“1分32秒5”と速い時計となっている。その他の芝のレースも速い時計が多く、馬場は先週同様の“軽い芝”の状態。
 ただ、好走馬の上がり3ハロン時計は、34秒後半~35秒台が多いことと、内よりも中から外を通っている馬の好走が目立ち、差しも決まる馬場のようだ。

 内を通る逃げ馬も残っているレースもあり、内外の有利不利は特に無いと思うが、中~外の差し・追い込み馬にもチャンスのある馬場だと思う。

《ラップギア適性》

 過去5年、瞬発戦3年平坦戦2年となっている天皇賞・春。
 距離3200Mという長距離戦であり、前走スローの瞬発力勝負というのが基本的な流れだと思う。

 過去5年の勝ち馬の天皇賞(春)出走時点のラップギア適性値は以下のとおり。

 2007年メイショウサムソン 消0平5瞬6
 2006年ディープインパクト 消0平0瞬9
 2005年スズカマンボ    消0平4瞬2
 2004年イングランディーレ 消2平2瞬2
 2003年ヒシミラクル    消0平3瞬3

 自身初の平坦戦となった天皇賞(春)を圧勝したディープインパクトは例外として、その他の勝ち馬のラップギア適性値は平坦戦瞬発戦を同等ぐらいに持っている馬が多いことがわかる。
 レースが、瞬発戦になろうが、平坦戦になろうが、どちらにも対応できる馬でないと厳しい感じである。

 瞬発戦傾向が強くなっていると考えてはいるが、瞬発戦実績のみの馬では巧くないのかも?知れない。

 あと、昨年の菊花賞は横山典騎手のホクトスルタンが逃げて平坦戦となっている。今回も同コンビは出走しており、楽な逃げは打たないような感じがする。また、アクサキングスも先行馬であったりし、早め早めに動く馬も多く数字以上に厳しい流れになる可能性も考えられる。

 瞬発戦かも知れないが、平坦戦ラップ実績は、やっぱり必要だろうと考える。

軸と妙 予想

 過去傾向エントリーで挙げたポイントやラップギア適性、馬場適性等から、“妙味ある馬”◎馬をピックアップします。
※参考印として、馬券対象になる可能性が高いと考える馬を“○印”として加えておきます。

◎ トウカイトリック

○ アサクサキングス

◎トウカイトリック   幸英明

 ラップギア適性値は【消0平5瞬7】
 瞬発戦の可能性の高い天皇賞(春)だと思うが、極端な瞬発力勝負にはならないと考えトウカイトリックに期待してみることにした。
 上でも少し書いたが、前でレースを進めたい馬も多く、スローでも案外厳しい流れになるのでは?と考える。

 もちろん、展開なんて確実に読めない事であるし、速くなると安易に想像できる時ほど、流れが落ち着いてしまうことが多々あるのが競馬でもあるのだけれど…。

 となると、やはり過去の勝ち馬のラップギア適性値は気になる存在。

 トウカイトリックも平坦戦瞬発戦実績を、ほぼ同じくらい持っており、持続力の問われるレースにも対応できる馬だと思う。
 過去の勝ち馬のラップギア適性値からは単純に良い感じがする。
 そうなると、ポップロックも良い感じだが…。

 前走の阪神大賞典(スローペース)は4着だが、上位3頭よりも後方からの競馬での4着であり、着順よりは評価できる内容だったと思ったりしている。よって、ポップよりもトリックという感じ。

 京都の“軽い芝”は問題なし。
 それに、僅かではあるが、上がりが掛かりだしているのは(中~外の差しが決まる馬場)、極端な速い脚のないトウカイトリックにはプラスだと思ったりもする。

 ○はアサクサキングス。
 ラップギア適性値は【消0平1瞬5】
 平坦戦よりも瞬発戦という感じがするが、平坦戦ラップ出走は菊花賞だけであり単純な数値の見た目とは違うかも知れない。
 菊花賞馬がステップレースの産経大阪杯でも好走しており、上位人気馬では1歩リードのような感じがする。

 正直、チャンスのある馬も多いと思う。
 いつもは◎から上位人気馬へのワイド流しであるが、◎の複がソコソコつくなら、今回は◎単複にしてみようと思っている。

(※)個人の趣味の競馬の無料予想ですので、馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com