「これでいいのか?」と思い出し、自分の馬券作戦について、いろいろ記事を書きながら考えるようになったのだが、同じ繰り返しをしているようだ。
 前にも書いたけど、“陽が暮れるまで迷路から出れない”ようだ…。

 

スポンサーリンク

 

 結局、最大の問題点は、やっぱり買い目が多いということだと思う。本当に当たり前のことなんだけど…。

 先週の「これでいいのか?4 」にも書いたけど、敢えて無理して絞らないというのは、とても“楽”なことだし、勇気のない馬券だと思っている。

 やはり、ちゃんと毎レース、軸馬だけでなく、流す馬たちの事も、しっかり考えなくてはダメだなと。

 いつも「手広く」なんて言っているのは、ラクをしすぎだ。

 そんな訳で、今回は数字に表しながら、きっちり自分を納得させようと思う。

 ちょっと例を挙げて考えてみよう。
 ※自分は馬連オンリーなので、すべて馬連の話です。また、毎週【軸◎と妙☆】で予想している1日8レースの場合で考えます。(1点100円で計算)

◆“◎から手広く”と“邪道な☆作戦”で計10点

10点×8レース=8,000円

単純に…
 10倍だと8レース的中が必要
 15倍だと5.3レース
 20倍だと4レース
 25倍だと3.2レース
 30倍だと2.6レース
 35倍だと2.2レース
 40倍だと2レース
 50倍だと1.6レース
 60倍だと1.3レース
 70倍だと1.1レース
 80倍だと1レース

 自分の場合、馬券は30倍台の中穴の的中を期待しているのだけれど、参戦8レース中30倍を2レースと20倍を1レースまたは10倍を2レース的中しなければトントンにはならないようだ。
 例えば、よくあるパターンとして、30倍を1レース的中した場合、残りは5,000円である。10~20倍の配当で、5,000円を回収するのには、15倍で3.3レース的中しなければならい。とにかく、20倍以下の配当であるならば、30倍の他に3~4レース的中しなければ勝てないということのようだ…。

 冷静に考えると、この作戦はかなり厳しいことだと分る。
 まったく当たらない日は、買い目が多いだけダメージも大きいのだから、あまり賢い作戦では、やっぱりないようだ…。
 だから、“W☆作戦”(Categories:馬券の話『続・これでいいのか?』参照)という作戦を思いついたのだが、本来の自分の◎があまり重要でない馬券となり、2週間で中止してしまった。

 自分の“☆妙味ある馬”から有力馬(だいたい1~3番人気馬)に流す、“邪道な☆作戦”ではどうだろうか?

◆“邪道な☆作戦”計3点

3点×8レース=2,400円

単純に…
 10倍だと2.4レース
 15倍だと1.6レース
 20倍だと1.2レース
 24倍だと1レース

 “邪道な☆作戦”は、だいたい25倍以上の配当になるので、8レース中1レース的中できればOKだ。(昨日も1レース的中でプラス収支)
 しかし、【軸◎と妙☆】結果報告記事に“邪道な☆作戦”の収支データを掲載しているが、現在はマイナスである。
 とにかく、的中率が低い。今回も31連敗だった。
 でも、この“邪道な☆作戦”は、個人的には使える作戦だと考えている。

 しかし、問題は的中率の低さと、“W☆作戦”同様に◎があまり意味の無い馬券という事である。まぁ、☆馬を◎とすれば解決するのだけど…。

 冷静に分析し文字にしてみると、◎から手広く流し、そして“邪道な☆作戦”も実行するという馬券作戦は、やっぱり愚かな馬券作戦だと思った。

 また、繰り返しのはじまりだ(汗)

 “◎からの流し馬券”と“邪道な☆作戦”は何点までが現実的なのだろうか?(※ ☆から基本3点流しだが、◎-☆の組み合わせが重複するので☆からは実質2点)

◆◎から4点+☆から2点 計6点

6点×8レース=4,800円

単純に…
 10倍だと4.8レース
 15倍だと3.2レース
 20倍だと2.4レース
 25倍だと1.9レース
 30倍だと1.6レース
 35倍だと1.3レース
 40倍だと1.2レース
 48倍だと1レース

 “邪道な☆作戦”で30倍を的中させたとすると、残1800円なので、◎から18倍を1レース及び9倍を2レース的中させる必要がある。
 これは、“邪道な☆作戦”が的中さえすれば、なんとかクリアできそうな気もする。
 しかし、◎馬から☆馬を除くと3頭しか流せない点が落とし穴のような感じもする…。
 ちなみに、“邪道な☆作戦”30倍が8レース中2レース的中なら回収率125%である。

◆◎から5点+☆から2点 計7点

7点×8レース=5,600円
(◎から5点+☆から2点)

単純に…
 10倍だと5.6レース
 15倍だと3.7レース
 20倍だと2.8レース
 25倍だと2.2レース
 30倍だと1.8レース
 35倍だと1.6レース
 40倍だと1.4レース
 50倍だと1.1レース
 56倍だと1レース

 こちらも“邪道な☆作戦”で30倍を的中させた場合、残2600円なので、◎から13倍を2レースとか8.6倍を3レースが必要だ。
 ちなみに、“邪道な☆作戦”30倍が8レース中2レース的中なら回収率107%である。
 ◎馬の他に印を付ける馬が5頭ということで、ごく一般的な予想の印の数だと思う。

 やっぱり、これくらいが現実的なのだろうか。

 “邪道な☆作戦”を実行すると買い目が増えるので、予想の印を付けるのであれば、◎○▲☆△△が限界のような感じがする。

 そして、ポイントは、30倍ぐらいの“☆妙味ある配当”を得るチャンスを多くつくる事が、やはり重要だ。8レース中2レース的中すれば負けないのだから。
 “邪道な☆作戦”実行で一般的な買い方よりも点数が増えてしまうが、“☆妙味ある配当”を狙うという意味では、“邪道な☆作戦”は自分にとっては外せない馬券作戦だと感じる。

 “☆妙味ある配当”を得る究極のパターンは?

  1、2、3番人気すべての馬から6番人気以降の3頭とか4頭に流す作戦だと思う。以前、テストした“W☆作戦”と“W☆作戦”逆パターンの拡大版だと思う。
 でも、買い目は人気3頭、妙味3頭で9点になり買い目は増える。また、このパターンに引っかからないケースも多いと思う。現状の“邪道な☆作戦”よりは的中率UPは確実だけど…。

 たぶん、やらない。(笑)

 上の方にも書いたけど、自分の◎がまったく重要でない馬券となるから。
 ◎はやっぱり大切にしたい。

 現実的な予想のパターンとしては、上位1~3番人気馬から1頭消す馬を作るしかないのではないかな~と思う。
 現状の【軸◎と妙☆】“◎軸馬”と“☆妙味ある馬”を考えること以外に、“人気馬から消す馬”を考える作業が必要だ。また1つ重要な作業が増えるけど、仕方ないと思う。

 “敢えて無理して絞らないというのは、とても“楽”なことだし、勇気のない馬券”

 なのだから……。

 これが本来の「予想の楽しみ」かも知れないな?

 今回は、単純にだけど、数字を出して考えてみた。
 買い目が多い問題は、最初から分っているのだけど、「何となく」とか「やっぱり当たった方が良い」とか思ってしまっていたわけであるが、やっぱり数字を見て考えると厳しいな~と感じた。
 また、何度も書いていると思うけど「仕方なし」という心構えも必要だが、買い目を絞ってハズレた時の「悔しさ」を「楽しさ」(予想の楽しさ)と思えるような考え方になれば、買い目を絞る行為も“予想の楽しみの1つ”になるではないかと思ったりする。

 結論、書いたっけ?

 とりあえず、基本的には『“◎から5点”+“邪道な☆作戦”』の計7点で抑える努力をしてみようと思う。

 さぁ、夏競馬もラストスパート。もうすぐ秋競馬だ。
 ハズレた時の「悔しさ」「仕方なし」という気持ちを「楽しさ」に変えられるように今週も頑張ってみようと思う。
   「これでいいのか?」
   「いや、良くないな…」
 なので、意識改革をしなくてはと思う。

 3連単時代だし、多くの方はしっかり買い目を絞っていると思うので、つまらない話ばかりだと思うけど、ダメな自分のために書いてます。

 また、これは、あくまでも“今と同じ馬券購入レース数(主に東西特別戦、各場メーンレース)”を減らすことなく競馬を楽しみ、馬券も良い方向に向かうようにと思い考えていることなので、あまり他の方には参考にならないかも知れないですね。すみません。

 

 毎週、「これでいいのか?」を読んでいただけてる方は、「また繰り返してるな!」と思ったでしょうね。すみません。(^_^;)

3連単が主役の現在、誰でも比較的簡単に万馬券が味わえる時代に、馬連に固執している事が大問題なのかもしれないとチョット思ったり……。(汗)

 まぁ、この事については、また書く機会があれば書きたいと思います。

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com