すっかりシリーズ化しつつある『これでいいのか?』シリーズ。
 土日の結果を振り返ると、「これでいいのか?」と考えてしまう……。
 

 

スポンサーリンク

 

 
 8月末まで試すと言っていた“W☆作戦”を勝手に中止し、◎を生かす【軸◎と妙☆】に戻したのだが、結果は買い目が増えた分、ダメージも“W☆作戦”期間中よりも大きくなってしまった。
 しかし、気分的には◎を素直に注目、応援でき良かったと思うが…。
 
 8/12、8/13の【軸◎と妙☆】で取り上げたレース結果を改めて確認すると、自分の予想スタイルだと獲れないレースが多かったと思う。たぶん、“W☆作戦”でも結果は同じであっただろうな…。
 
 “邪道な☆作戦”や“W☆作戦”は、『競馬に絶対はない』というプラス思考(?)の考えを基に、どのレースでも上位人気馬に割って入れそうな“妙味ある馬☆”を探し、上位人気馬へ流す作戦なのだが、その“妙味ある馬☆”よりも人気のある馬同士で決着する確率の方が、やはり高いのは当然だと思う。
 しかし、妙味ある配当(馬連)になる多くのケースは、人気馬+6番人気以降ぐらいの馬のケースだと思っている。

 要は低い配当を厚く買えない人間にとっては、この“妙味ある配当”をいかにモノにできるかが重要だと思う。

 自分は、この“妙味ある配当”を確実に獲る為に、◎から手広く流し、かつ、“妙味ある馬☆”から有力馬(ほぼ人気上位馬)へ流している。

 馬連オンリーの自分には『悪くはない』作戦だと思っている。

 改良するのであれば、例えば「20倍以下の買い目は買わない」というようにし、思い切って“妙味ある配当”しか狙わないという事しか無いのかな~と思う。
 でも、以前「10倍以下は買わない」という事をした事があるのだが、10倍以下の馬券を買わないことで全額負けるよりは、トリガミでも負けを少なくした方がベストではないかと感じ、早々に止めたことがある。まぁ、そんな事で、手広く流している自分がここにいるのだが…。

 やっぱり、わからない。

 迷路に入り、いつまで経っても出れない感じだ(苦笑)

 どっちにしても、馬券というものは、「仕方ない」という諦めの強い心構えが必要なものだと強く感じる。

 敢えて無理して絞らずの手広く流す馬券で結果が出れば楽であるが、それは不可能だと思う。だから、“邪道な☆作戦”で少しでも“妙味ある配当”を得たいと思っているのだが…。

 敢えて無理して絞らないというのは、とても“楽”なことだし、勇気のない馬券だと思う。
 
 そうかぁ…。
 
 やっぱり、楽して稼げるほど、世の中は甘くないということなんだな…。

 人間、楽しちゃだめだな。ちょっと、分った感じもします。

 今すぐでなくても、今後に繋がればと思う。

 ここ数週間、馬券作戦について考えてみたけど、馬連オンリーの自分は◎軸馬が重要であり、そして、“妙味ある配当”を少しでも得る機会を増やすためには☆馬も重要と、改めて感じました。

 まぁ、3連単時代に馬連オンリーでは派手な配当自慢もできなし、また血統やラップ理論等で読んでいる方を魅了するような事も出来ないこのブログにとっては、【軸◎と妙☆】の成績を安定して上げることしかないな~と思っています。

 やっぱり、自分にとって【軸◎と妙☆】◎軸馬と☆妙味ある馬は、馬券の中核でもあるので、馬券作戦うんぬんよりも重要な事だと感じます。

 まぁ、今後もいろいろ悩み考えます。

 夏休み中の交流重賞は、たまには気楽に予想しようかな(笑)

スポンサーリンク
【PR】
【NEW】探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com